2017/04/05

SUSHI BOMBER。






2017.4.2 夕ごはん

手巻き寿司食べたい。
巻き巻きしたい。
クルクルしたい。
欲のままに突っ走れ。

2017.4.2 夕ごはん

『アピタ伊那店』にてお刺身の盛り合わせを購入。
以前は良かった質がかなり落ちていた。
伊那近辺で美味しいお魚に出会えるスーパーマーケットってどこなんですか(・ω・?)
詰んだ。

2017.4.2 夕ごはん

簡単便利な「すしのこ」を用いた酢飯。
上等な焼き海苔と共に各具材を巻き込んでとっぷりといただいた。
マジで腹パン。


2017.4.2 夕ごはん

『アピタ伊那店』内の『かね定』さんで購入したピリ辛ゴボウ。
これはマストアイテム。
家で作れないものだろうか。

2017.4.2 夕ごはん

桜エビを纏わせ揚げたはんぺんもまた秀逸。

2017.4.2 夕ごはん

桜エビの風味とふっくらはんぺんの食感。
これ1個で相当飲れる。



わかったこと。
2人での手巻き寿司は何かとロスが多い。
どなたかご一緒しませんか?




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/04/04

シャモベイベ。






2014.4.1 夕ごはん

ベルシャイン伊那店の精肉コーナーの一画を担うぎたろう軍鶏。
当然のことながらめちゃんこお高い。
だからあまり売れない。
売れないから半額になる。
それを購入した。
半額とは言え良いお値段。
でも質は最高。


2017.4.1 夕ごはん

丁寧に血抜きして熱湯に10分ほど入浴させて軽く甘辛く炊いてみた。
唸るほど素材から感じることのできる濃ゆい味わい。
砂肝はコリッとシャリッと、
ハツはプニクニ、
レバーはシットリマッタリ。
臭みゼロ。
やべーうめー。


2014.4.1 夕ごはん

皮は軽く塩を振り、
180℃に設定したオーブンでじっくりと焼き上げた。
カットしてぽん酢少々と和え、
万能ねぎをパラリ。
パリッとした食感の後ジュワッと溢れ出す上質な脂。
ドライなサワーと共に。


2014.4.1 夕ごはん

コンビニエンスストアで購入したドンタコスの新シリーズ。

2014.4.1 夕ごはん

「とろけるチーズソース」はJARO案件。



エイプリルフールとか言うくだらない、
実にくだらないイベントが終わった。
今年もいろんな企業がよくもまあ懲りずに飽きずに挙ってネタをブッ込んでたそうな。
でもさネタ切れ感満載じゃんね。
ノ ヽ``~ 力_〆(・∀・)




.
おうちのごはん | Comments(2) | Trackback(0)
2017/04/03

ハラチク。






2017.3.31 夕ごはん

奥さまーが美味しいお肉をお安くGETできる『原畜産』さんへ行き、
お肉を購入してきてくれた。

2017.3.31 夕ごはん

ラムに牛カルビにサガリに豚テッポウ。

2017.3.31 夕ごはん

牛ロースは『SEIYU』にて購入したとのこと。


2017.3.31 夕ごはん

イワタニ社製「炉ばた大将DX」に火を入れ鉄板を熱する。
参ります。


2017.3.31 夕ごはん

まずはもたれる前に牛カルビを。
甘い脂、
牛さんのエキスたっぷりの肉。
美味しいわコレ。
ただ、
やはりそんなに量は無理。
哀しい。

2017.3.31 夕ごはん

テッポウ、
相当美味しい。
噛めば噛むほど溢れる肉汁。
困ったことに飲み込みどころがわかりまへん。

2017.3.31 夕ごはん

牛ロースも美味しいじゃん。
半額だったそうな。
助かります。



しっかりとおウチ焼肉を堪能。
だけどもね、
やっぱし家中に焼肉臭が漂いましてね。
一晩換気扇を強にして回し続けたら匂いは消えた。
またやりたい。
肉喰いたい。




.
おうちのごはん | Comments(2) | Trackback(0)
2017/04/02

長野県 松本市 『小木曽製粉所 筑摩店』






住所:長野県松本市筑摩2-19-9
電話:0263-50-6616
営業時間:11時~21時
定休日:なし

小木曽製粉所(HP)




所用があり松本へ向かった。
お昼ごはん抜きだったのでお腹ペコリン。
気兼ねなく入れるここにしようそうしよう。



2017.2.3 小木曽製粉所

日によって違うみたい。


「大ざる」(税別¥500)+「かき揚げ」(税別¥200)、「なす天」(税別¥100)
2017.2.3 小木曽製粉所

大盛りでも料金が変わらないとなれば当然大盛りにしちゃうでしょう。
毎度後々反省することになるんだけど。

2017.2.3 小木曽製粉所

これが「常陸秋そば」かあ。
蕎麦通ではないので当然細かい違いなんぞはわからないけど、
蕎麦の風味がバチッと立ったコシ、
喉越しの良いもの。
蕎麦欲が満たされる。

2017.2.3 小木曽製粉所

なす天は至って普通のソレだったけど、
かき揚げはお野菜てんこ盛りだったし、
衣も軽く大変良かった。



『からあげセンター』じゃなくて『小木曽製粉所』を伊那谷に、
伊那に、
なんならナイスロード沿いに出店して欲しいと強く願っております。




■「小木曽製粉所」(ブログ内検索)




.
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(松本市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/04/01

アッチーノ。






2017.3.30 夕ごはん

ぬおう。
グラタンじゃんか。
お子ちゃま脳&舌の持ち主なんで単純です。
スプーンを入れるとクリームソースではない手応え。
すくってみると絹ごし豆腐ちゃんがドゥルンとお目見え。
ヘルシーグラタンは芯から熱く、
そして優しい。
これも良いなあ。


2017.3.30 夕ごはん

春雨サラダだぞ。
サッパリとして良いぞ。
ポイントはほんのり甘い卵だぞ。


2017.3.30 夕ごはん

巣ごもり状態な肉団子。
肉っとしたもの。
美味しいなあ。
ハイボールと合わせると尚更美味しいなあ。



ここ数日、
マイカメラのホワイトバランスの調整がうまくできずおかしい。
何しろかれこれ7年以上頻度高く使ってるからなあ。
マジでそろそろ考えないといけない時期に差し掛かってきてるのかも。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/31

ベジチュウ。






2017.3.29 夕ごはん

高野豆腐のから揚げでござい。
味は鶏の唐揚げ。
食感もお肉に近い。
軽くて軽くてフフフフフーン。


2017.3.29 夕ごはん

揚げ浸った。
油との相性が抜群。
嗚呼、
ナスの揚げ浸しも食べたい。


2017.3.29 夕ごはん

シャッキシャキ。
見事なまでにシャッキシャキ。
うめえなむる。


2017.3.29 夕ごはん

ゴロゴロゴロゴロ、
具が大きい。
おつまみカレー。
ハバネロペッパーを振り掛け、
福神漬を添え、
みじん切りされた茹でキャベツとカレーと共にどうぞ。



しれーっと3月が過ぎていった。
3月の記憶と言ったら酒量が半端なかったということだけ。
ちょびっとセーブしますね(・ω・?)




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/30

米と餅。






2017.3.28 夕ごはん

3月後半は色んな予定を詰め込みすぎた。
久しぶりのゆっくりとした平日夕ごはん。
焼きビーフンが登場。
あっさり塩味で、
お野菜たっぷり。
火を通しすぎてなく食感も楽しい。


2017.3.28 夕ごはん

大好物のかぼちゃの品。
何だろう、
これ、
本当に美味しい。
みじん切りされた玉ねぎが素晴らしいアクセントとなってかぼちゃの甘みをより際立てる。
唸る。


2017.3.28 夕ごはん

チヂミのように薄く焼き上げられた大根餅。
食べやすい。
粉からしを購入したそうで、
早速溶いたものを添えてくれた。
辛(から)みと風味の際立ち方がチューブタイプのものとは段違い。
ツーン、
カモン。



一気に暖かくなるかと思いきや、
意外と朝晩はネブネブと寒い。
こりゃ桜の開花も遅れそうだなえ。




.
おうちのごはん | Comments(2) | Trackback(0)
2017/03/29

伊那市 『錦之助寿司』






住所:長野県伊那市坂下3306-8
電話:0265-72-2806
営業時間:17時~23時
定休日:水曜日

錦之助(Facebook)





2017年、
初めての町飲み。
ゆっくりできる錦之助さんにした。



2017.1.7 錦之助

そそられる。
エビ、
ナイスバディ。


2017.1.7 錦之助

大好きな自家製お葉漬けとナズナのお浸し。
言うことなし。


2017.1.7 錦之助

ソッと出していただいた酢だことわさび漬け。
塩梅がめちゃんこ良くてビールが速攻無くなった。
ホッピーセットに切り替えた。


2017.1.7 錦之助

軽めの盛り合わせをこさえてもらった。
大将は酒飲みのことをよく分かってらっしゃる。
ほんのり上品な脂の乗った中トロ、
ブリンブリンの歯応えのタコの炙り、
サックリと歯切れのよい味わい深いトリ貝、
甘みを残しつつ茹で上げたホタテ、
そしてチビチビ飲るのにもってこいアイテムの明太子。
参りました。


2017.1.7 錦之助

以前より気になっていた「鶏のパリパリ焼き」をいただいた。
鶏胸肉の皮目をパリっと焼き上げた品。
名前に偽りなし。
塩加減もよく、
鶏胸肉だけどパサツキもなくアッサリ系。
ホッピーの中をお替わりした。
女将がグラス半分ほどゴリゴリに焼酎を入れてくれた。
イッた。



久々にカウンター席に座り、
大将とお話をしながらゆっくりと楽しませてもらった。
軽口を叩きながら飲むってのは良いねえ。

良い夜の始まりとなった。




2017.1.7 錦之助

2017.1.7 錦之助





■「錦之助寿司」(ブログ内検索)




.
酒場(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/28

伊那市 『おおぎやラーメン 長野伊那店』







住所:長野県伊那市伊那部2135-3
電話:0265-73-0071
営業時間:11時~0時30分
定休日:なし




年末年始用の買い出し。
その前にお昼ごはんだ。
2016年最後の外食もやはりラーメン。
手っ取り早くて良い。



2016.12.30 おおぎや

定番メニュー。
あれ?
以前はパウチ加工されたメニュー1枚だったのに、
いつの間にかファイリングされている。
紐解いてみよう。


2016.12.30 おおぎや

2016.12.30 おおぎや

冬期なのに春メニューとかね。


2016.12.30 おおぎや

秋メニューもある。


2016.12.30 おおぎや

冬来た。


2016.12.30 おおぎや

2016.12.30 おおぎや

定食も炒飯も気になるど。


2016.12.30 おおぎや

毎度お馴染みの平日ランチ限定メニュー。
とてもありがたい。


2016.12.30 おおぎや

ファイリングされていない独立型メニューゾーン。
肉系らーめんは限定10食。


2016.12.30 おおぎや

どのくらいの期間なのかわかりません。
多分もうやってないね。


2016.12.30 おおぎや

オーライオーライ。
このズラズラっとなメニュー画像群はワシ用のメモですんでね、
あしからず。




2016.12.30 おおぎや

特等席ゲット。
店内はほぼ満席。
だけども中の皆さんは慌てることなく、
黙々と、
でもなく、
軽口を叩きながらも各々が歩調を合わせた調理や作業をしていて無駄がなくて見ていて気持ちが良い。
何だこのお店は。
とても居心地が良いではないか。



「土鍋みそつけめん」(¥920)
2016.12.30 おおぎや

キュッと冷水で〆られたムッチンな麺。
チェーン店と侮るなかれ。

2016.12.30 おおぎや

土鍋の中にはモヤシやらキャベツやらニラやらお野菜たっぷりインサイド。
ずーっと熱く、
そしてヘルシー。
そんな気がした。
味噌も程よく食べやすいつけ汁であった。



「エビ塩ワンタン麺」(¥880)
2016.12.30 おおぎや

奥さまーが頼んだ品。
塩も良いじゃないか。
スッキリとしたスープ、
チュルンとワンタン。
良いじゃないか。



おおぎやラーメンさん、
接客も味もワシは好きだ。
長野伊那店しか行ったことがないけど、
他の店舗はどうなんだろう?
駒ヶ根にもあるから行ってみようと思ってはいるんだけど、
ちょっぴ怖い・・・。




■「おおぎやラーメン」(ブログ内検索)




.
ラーメン(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/27

めんパス。






2017.3.25 夕ごはん

日曜日は早い時間から晩酌する。
アテのメインは明太子パスタ。
最近やたらと欲する。
どハマりすると連投してしまう傾向にある。
大葉多めが吉。


2017.3.25 夕ごはん

スーパーマーケットの値引きコーナーで見つけたおぼろ豆腐カレーソース掛け。
甘め。
タバスコを振りかけて大人味へ変化させた。


2017.3.25 夕ごはん

冷蔵庫にあったチキンナゲットを揚げてくれた。
サックサク、
これも大好きな品。
ファストフード店のチキンナゲットはクソ高い。
何でですかね?



しっかりとヤラかした週末を経て、
残り少ない3月をひたひたと、
歩く。





.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/26

爆盛。






2017.3.23 夕ごはん

たっぷりお野菜の上に豚さんのお肉がドカン。
奥さまーお手製のごまドレッシングでいただいた。
スナップエンドウ良いわあ。
パッキリショッキリ瑞々しく、
そして甘い。


2017.3.23 夕ごはん

かき揚げられたコーン。
甘い。
衣部サックリで好つまみ。


2017.3.23 夕ごはん

じっくりと柔らかく炊き上げられたイワシ。
もちろん骨まで食べられる。
骨周りの身がふっくらとして美味しい。
肝部も然り。


2017.3.23 夕ごはん

里芋の揚げ出し。
香りはフライドポテト。
時間が経つとお出汁を吸い始めてそれもまた良し。
里芋は優秀だわあ。
好きだわあ。



3月も最終週。
年度末も間近ということもあり身の回りがざわつく。
流されちゃおっかなあ。




.
おうちのごはん | Comments(2) | Trackback(0)
2017/03/25

伊那市 『焼肉・中華 竜門』






住所: 長野県伊那市中央4958
電話:0265-78-7151
営業時間:11時~14時、16時~21時
定休日:火曜日




ド年末。
公私共にお世話になっているお友達とランチ・ミーティング。
アクセスの良いコチラのお店にした。



2016.12.26 竜門

甘く漬けられた梅をポリポリ。
近況報告に終始した。



「炒飯」(¥750)+「大盛り」(¥200)
2016.12.26 竜門

この数ヶ月、
ずーっとお店の炒飯を欲していた。
なかなか食べるタイミングがなかったけど、
年の瀬に来てようやく念願叶った。
程よくしっとり、
程よくパラっとタイプ。
濃すぎない味だから飽きが来ない。
求めていた町の中華料理屋さんのソレだった。

2016.12.26 竜門

炒飯に漏れなく付いてきたスープ。
可もなく不可もなく、
至ってド・ノーマルなものだった。



「野菜坦々ラーメン」(¥880)
2016.12.26 竜門

お友達が頼んだ品。
味はどうだったんだろうか?
きっとアレだったのだろう。



ワシが一方的に喋り倒した記憶しかない。
お互い以前に比べて時間が取れなくなってきてるなあ。
近々夜にでもゆっくり飲みたいと思っていますんでどうぞ?




■「伊那市 竜門」(ブログ内検索)




.
中華・台湾料理(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/24

急募。






2017.3.21 夕ごはん

甘めのお出汁をたっぷりと吸い込んだ油揚げちゃん。
その中に隠れんぼしていた卵ちゃんもまた味がしっかりと滲みていた。
飲れる。


2017.3.21 夕ごはん

この3連休は1食を除いては完全な野菜不足に陥った。
まずは食物繊維をしっかりと摂る。
この他に野菜スティックも出してくれた。
画はない。


2017.3.21 夕ごはん

白湯仕立てのお鍋。
豚肩ロースの下にはたっぷりのお野菜が潜んでいた。
求めていたお野菜をしっかりと補給。
やっぱしバランス良く食べないとダメね。



桜の開花の話題がのぼるようになった。
ひと月もしない内に伊那谷も桜一色になるのかあ。
にわかに信じられない。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/23

アリャ・オカヤ。






3月の3連休を使って東京へ。
行きは渋滞知らずの特急あずさで行くことにした。
岡谷で40分ほど時間があったのでコンビニエンスストアへ寄りながら駅周辺をブラリ。


2017.3.18 ララ・オカヤ

ララ・オカヤ1階。
午前9時前ということもあってか不気味なほどものすごく静か。
鰻屋さんが開店の準備をしていただけだった。



4月になったら岡谷のお友達と飲みたいなあ。
ララ・オカヤ内の『レストランよしの』にも行ってみたい。
飯田線で日帰りだな。



.
なんでもかんでも | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/22

牛肉胡椒飯。





とあるテレビ番組を見ていたら『ペッパーランチ』の「ビーフペッパーライス」なる品が登場した。
美味しそうだな、
と。
早速ググってレシピをゲトった。
奥さまー、
お願い。


2017.3.16 夕ごはん

そうそう、
このビジュアル。
ジュウジュウと小気味良い音が食欲を誘う。
よく混ぜ混ぜしていただいた。
バターライスと胡椒の組み合わせはハズレなしだね。
ビールが進む。
牛さんのお肉も荒々しく、
更にビールが進む。
こりゃ進む。


2017.3.16 夕ごはん

本日の小菜。
中華くらげとワカメの和え物。
これも進む。


2017.3.16 夕ごはん

ニンニクがバチコン効いた炒め物。
ほのかに感じる竹輪の甘みが良い。
じゃんじゃん進む。


2017.3.16 夕ごはん

ゴボウの浅漬け。
シャッキリとした歯応え、
素材の持つ風味が鼻腔をクリティカルヒットした。
これは進む。
コレも進む。
ドレも進む。



2017.3.16 夕ごはん

でき得るならば半月に一度は食べたい。
マジヤバい。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/21

Bonito.





2017.3.14 夕ごはん

鰹。
Seared Bonito、
鰹のたたき。
マリネされていた。
ネットリとし、
濃厚な鰹の味わいを楽しむことができた。


2017.3.14 夕ごはん

春菊とえのき茸のタッグ。
食感楽しく、
香りも芳醇。


2017.3.14 夕ごはん

ジュンジュンな炊き合せ。
練り練りから根々からブルブルまで搭載。
じんわり美味しい。



朝のマイナスの世界はアレだけど、
日中はかなり暖かく、
午後なんてちょっと眠くなっちゃうもんね。
なっちゃうだけだよホントだよ。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/20

あじなぽり。





2017.3.13 夕ごはん

美味しい、
絶対に美味しいであろう酸味の効いた香りが換気扇を通して外に充満していた。
香りの元はこちら。
ナポリタン風に味付けされた炒め物。
こんなの美味しいと相場は決まっている。
ガンガンやるに決まっている。
キャベ千と共にいただくと良いよ?


2017.3.13 夕ごはん

コリコリ砂肝アイシテル。
焼いたのも揚げたのも好きだけど、
茹でてこういう和え物にするのも好き。
その昔、
毎日大量の砂肝の筋を取る仕事をしていた。
今じゃできないなあ。


2017.3.13 夕ごはん

Fried Go-Vow.
こんなんいくらでも食べられちゃうじゃーん。
でもゆっくり大事にいただいた。
ごぼう料理はお店のメニューにラインナップとされてると頼んじゃうんだよ。
大事よ?
食物繊維。



濃ゆい週末を過ごした後の月曜日はなかなか大変。
しかも大体イレギュラーな事件が起きてドタバタするんだよなあ。
そういう星の下に生まれた漢ッス。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/19

伊那市 『中国風居酒屋 天壇』






住所 : 長野県伊那市伊那坂下入舟町3312-9
営業時間 : 18時~24時
定休日 : 日曜日・祝日
電話 : 0265-74-9380




ひょんなことから知り合った中学の後輩2人。
年齢はだいぶ離れているけど気のいい後輩。
忘年会チックなことをしよう、
ということでおかあさんのところを予約した。



「生ビール」(¥600)
2016.12.9 中国風居酒屋 天壇

YEBISUを大事にいただく。


「酢の物」(¥350)
2016.12.9 中国風居酒屋 天壇

大根とガリとワカメと。
ついつい頼んでしまう。
酸、
バンザイ。


左から「スペシャルギョウザ」(¥600)、「青じそギョウザ」(¥500)
2016.12.9 中国風居酒屋 天壇

スペシャルギョウザはエビ入り。
ブリッとした食感を楽しむ。
青じそギョウザはこのお店のマストアイテム。
タレも相変わらず秀逸。
たくさん食べたいけど飲んじゃうと食べられないのが悔しい。


「馬刺し」(¥900)
2016.12.9 中国風居酒屋 天壇

薄っすらと脂が入る極上品。
良い質のお肉を堪能。
マジで美味しいから。


「白酒」(¥500)
2016.12.9 中国風居酒屋 天壇

中国的テキーラ。
てきてき。
表示されている通りアルコール度数は56。
当然強いけどほのかに感じる甘さが良いね。
ひと口で充分だけど。
若手はヒュイヒュイ飲んでた。
恐ろしいよ?




2016.12.9 中国風居酒屋 天壇

ワイワイと楽しませてもらった。
おかあさんも元気そうで一安心。
伊那の町のワンダーランドは健在。
尚、
2017年3月19日~29日までお休みするとのこと。
元気の源を得る旅に出るそうな。
桜が咲く頃にまた行く予定。


2016.12.9 中国風居酒屋 天壇

2016.12.9 中国風居酒屋 天壇




■「中国風居酒屋 天壇」(ブログ内検索)




.
酒場(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/18

旅立ちの時。






2017.3.18 飯田線

暖かくなった。
そして3連休。
旅に出る。
まずはインドシナ方面。




おでかけ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/17

ホッケ教。






2014.3.10 夕ごはん

逃げ切った金曜日。
逃げ切れなかったホッケ。
開かれ、
干され、
焼かれたホッケ。
身が厚くふっくらとし、
脂も程よく良き塩梅。
すりおろされた辛味大根がビシっとさせる。
頭から骨、
尻尾、
皮までキレイにいただいた。


2014.3.10 夕ごはん

イタリア寄りなトマト。
マリネされたオニスラも美味しい。
昔に比べて年中美味しいトマトが食べられるようになったねえ。
嬉しいねえ。


2014.3.10 夕ごはん

軽く塩茹でされたスナップエンドウ。
もちろんキチンと筋取りもされておりパキッとした鞘、
みずみずしい豆部。
自然な甘みから春を感じ取れた。


2014.3.10 夕ごはん

ほんのり甘い高野豆腐の卵とじも大好き。
一人暮らししてた時は週イチで作ってたもの。
これでチビチビ飲ったあの日・・・


2014.3.10 夕ごはん

チヂミ的粉モノ。
辛(から)みを効かせた酢醤油でいただく。
具材の火の通り方が絶妙。
本当に上手になったなあ。



翌日は雪山へお出かけしたので早めの打ち止め。
って言っても飲んだ量は通常運転でござった、
ニンニン。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »