FC2ブログ
2018/12/26

長野県 飯田市 『麺家 藍花』






住所:長野県飯田市上郷飯沼1709-1
電話:0265-49-3536
営業時間:11時30分~14時30分、土・日曜 11時~15時、18時~22時
定休日:木曜日

麺家 藍花(Facebook)




飯田方面へ納品へ出かける際に近くをよく通るのになかなかどうしてなお店。
国道沿いにあればサッと寄るんだけど、
手前に立ちはだかるイオンがアレでスルーしてしまう。
この日は休日で奥さまーとお出かけしたついでに久々に伺ってみた。



2018.11.24 藍花

13時前にお店へ入るとさほど混んでおらず、
窓際のカウンター席へと通された。


平日だとお得に腹パンになれる定食メニューや、
火・水曜日にはうどんも食べられるけどこの日は土曜日。
ラーメン一択。



「博多とんこつ」(¥830)
2018.11.24 藍花

どうしたってここ数年、
とんこつが食べた過ぎてしょうがない。
しかも豚骨臭強めなのを。
このお店のとんこつスープは臭みなくマイルド方向。

2018.11.24 藍花

チャーシュー・味玉・きくらげ・焼海苔・ネギと豪華なラインナップ。
紅生姜も乗っかって登場。

2018.11.24 藍花

博多なとんこつラーメンらしく極細麺。
パッツリ。


「チャーシュー丼」(¥320)
2018.11.24 藍花

まさか頼んだ「博多とんこつ」がこんなに具だくさんとは思わず頼んでしまったご飯物。
しかもしっかり目にチャーシューが乗っており嬉しいやら嬉しいやら。
脂身多め、
こってり感がヤヴァい。
消化するのに時間が掛かった。


「バリコテラーメン」(¥830)
2018.11.24 藍花

奥さまーが頼んだ品。
こってり。

2018.11.24 藍花

自家製の平打ち麺。
ピロピロ。



しっかり具材が乗っており、
値段通りな印象。
どれを食べても間違いなさそう。
そろそろ手打ちなうどんが食べたい。
調整して火水にアレだな。



2018.11.24 藍花

2018.11.24 藍花

2018.11.24 藍花

2018.11.24 藍花




■「飯田市 藍花」(ブログ内検索)




.
ラーメン(飯田市) | Comments(0) | Trackback(0)
2018/11/20

諏訪郡 下諏訪町 『喜多方ラーメン 磐梯山』






住所:長野県諏訪郡下諏訪町4844
営業時間:11時~15時30分、17時30分~22時
定休日:?




日曜日の午前中、
レイクウォーク岡谷へお買い物をしに行き、
お昼ごはんは『つけめん 参城』だなということで12時過ぎにお店へ行くも満車。
そりゃそうだ、
人気店だもの。
あまり遠くへは行きたくなかったので田中線を南下していると「喜多方ラーメン」の文字が飛び込んできた。
よし、
ここにしよう。


2018.11.18 磐梯山

前日グランドオープンしたばかりのお店だった。
まあ良かろう。
満席だったけど回転が早く5分もしない内にテーブル席へ案内された。



2018.11.18 磐梯山

2018.11.18 磐梯山

店名通り喜多方ラーメンがイチオシの様。
次いで味噌ラーメン。
基本はこの2種みたい。
定食メニューもあって、
おつまみ系も思いの外ある。


2018.11.18 磐梯山

ってことはもちろん飲める。



「喜多方ラーメン 並盛り」(税込¥680)
2018.11.18 磐梯山

喜多方らしい出で立ち。
スープはやや塩が強めだけどあっさりとしていて飲みすぎた翌日の胃に沁みわたる。

2018.11.18 磐梯山

手もみ・手打ち・縮れ麺。
ブルンブルンと暴れスープが乱れ飛ぶ。
コシというよりも太目の麺を喰らう感が強い。
終盤、
麺がダレ始めたのか胃にずっしりと重く感じるようになった。
三枚肉なチャーシューは喜多方系の某チェーン店のチャーシューよりは脂度が低く、
しっかりとした身とプルンとした脂身のバランスが良かった。



「味噌ラーメン 並盛り」(税込¥680)
2018.11.18 磐梯山

赤(ノーマル)・白・黒と3種類の味噌の中からノーマルなのをチョイス。
こちらはちょうどよい塩加減で優しく、
どことなく豚汁のような味わい。
野菜陣は炒め系ではなくボイルされたものかな?
食べやすくて年配の方に好まれそう。

2018.11.18 磐梯山

麺は太麺。
これぞ味噌ラーメンの麺と言ったところ。



「ラーメンセット(あぶり焼豚丼)」(税込¥230)
2018.11.18 磐梯山

単品だと¥280するあぶり焼豚丼はお好みのラーメンに¥230を追加するといただけるお得なセット。
カットされてから時間が経っていた影響なのか食感が幾分パサッとしていたけど濃すぎないタレと相混るとより美味しい。
無料のライスを食べていた奥さまーの表情が浮かない。
聞けばご飯がダマになっているって。
そんなことはアルマイトあぶり焼豚丼のご飯部を確認。
本当にダマっていた。
食べてみるとやたらともっちりとしていた。
コレはない。
お米自体は悪くないんだけど炊き方なのかもったいないことになっていた。



ランチタイムは15時過ぎまでやっているし、
幹線道路沿いで駐車場も広いからお昼ご飯に困った時は再訪してみようと思う。
その前に城に参りたい。
いい加減、
城に参りたい。




.
ラーメン(下諏訪町) | Comments(0) | Trackback(0)
2018/10/06

南箕輪村 『麺づくり蒼空 本店』






住所:長野県上伊那郡南箕輪村田畑5553-3
電話:0265-73-1132
営業時間:11時30分~15時、18時~22時
定休日:火曜日




「和え麺」(税込¥788)
2018.8.4 蒼空

何気に2018年になって、
8ヶ月ぶりに来た。
はーるかぶりに「和え麺」をいただいた。
コロチャーにサッと湯通ししたキャベツとシャッキリな生の水菜、
背脂・魚粉、
そして温玉。
美しい配置。

2018.8.4 蒼空

底に隠れている醤油ダレと麺&各具材をワッシワシとよく混ぜ、
ワッシワシと啜る。
ブニプニ麺が暴れる踊る。
他所の油そばよりもアッサリとしていて、
このお店独自の秀逸な一品。



こうなってくるともう半ば諦めているけど、
いつでも良いから「紅和え麺」を食べさせておくれ。
その前に「鴨つけ」があるな、
困るな、
泣くな。




■「麺づくり蒼空」(ブログ内検索)





.
ラーメン(南箕輪村) | Comments(0) | Trackback(0)
2018/09/23

伊那市 『おおぎやラーメン 長野伊那店』






住所:長野県伊那市伊那部2135-3
電話:0265-73-0071
営業時間:11時~0時30分
定休日:なし




久しぶりに来た。
開店直後に入ったので空っき空き。



「生ビール」(¥580)
2018.8.4 おおぎやラーメン

「朝から芝刈りを頑張ったから飲んでいいよ?」なんて言ってくれちゃったんで遠慮なく。
クッソ美味い。


「焼きギョーザ 6個」(¥250)
2018.8.4 おおぎやラーメン

ワシはここのギョーザ、
わりと好きよ?



「野菜たっぷりのあんかけ固焼きそば」(¥850)
2018.8.4 おおぎやラーメン

ワシの大好きなかた焼きそばがあった。
ちょうどビールを飲んでいるし好アテ。
もやし・キャベツ・きくらげらがモッサリと。
かなりお腹いっぱいになった。


「ちゃんぽん(太麺)」(¥880)
2018.8.4 おおぎやラーメン

奥さまーオーダー品。
こちらも具材たっぷり。
スープが独特なテイストでウーン。
不味くはないんだけどウーン。



食べ終わる頃には続々とお客さんが入ってきていた。
つまりはそういうお店。
また来るでよ?




■「おおぎやラーメン」(ブログ内検索)




.
ラーメン(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2018/06/27

安曇野市 『安曇野ら~めん あづみ亭』






住所:長野県安曇野市穂高北穂高2320-11
電話:0263-82-5166
営業時間:11時30分~15時、17時30分~21時
定休日:不定休

あづみのら~めん あづみ亭(Twitter)





2018.6.23 あずみ亭

長野市に用事があったので、
前々から行きたくて仕方がなかった安曇野市にあるラーメン屋さんでお昼ごはんを食べることにした。


2018.6.23 あずみ亭

2018.6.23 あずみ亭

2018.6.23 あずみ亭

基本メニュー。
やはり基本かなあ。

2018.6.23 あずみ亭

ぬおう。
こちらは6月限定。
ワシ、
これにする。



2018.6.23 あずみ亭

入って左手にカウンター席と小上がり席。

2018.6.23 あずみ亭

右手にカウンター席と結構広い。



2018.6.23 あずみ亭

2018.6.23 あずみ亭

2018.6.23 あずみ亭

注文して待っている間に壁の各種貼り紙をじっくりと読む。
豚骨の香りが店内を支配。
この香りが大好きなワシには天国。



「コロチャー飯(はん) 小」(税別¥360)
2018.6.23 あずみ亭

1.5cm角のチャーシューがゴロゴロ。
メンマもしっかり。
脂身ばかりかと思っていたんだけどそんなことはなく、
しっかりとしたお肉部ばかり。
味付けはやや濃い目。
ご飯に合う味付けでヤヴァい。



「男豚骨」(税別¥800)
2018.6.23 あずみ亭

きたきたきた。
ガツンと豚骨臭に混じって鰹節とニンニクの香りも。
それにしてもマー油の膜がゴイスー。
アチチなスープをいただけば香り同様濃厚な豚骨パンチが鼻腔脳内を襲う。
塩加減としてはワシにはちょっとしょっぱいかな?

2018.6.23 あずみ亭

麺は低加水の細麺、
バリカタでお願いした。
歯切れのよいパッツリさが食べる勢いを加速させる。
もっと麺、
欲しい。



「醤油とんこつ」(税別¥650)
2018.6.23 あずみ亭

奥さまーが選んだ基本のき。
やはり「男豚骨」と比べるとスープの色が若干薄め。



「ノーマル替え玉 太麺1玉」(税別¥150)
2018.6.23 あずみ亭

奥さまーが頼んだ太麺ハーフの替え玉があまりにも美味しそうだったのでついつい。
ふすま系。
期待大。

2018.6.23 あずみ亭

ガッツリ特濃なスープには太麺が合うかも、
と思ったり。
プリップリでコシもしっかりあって美味しい麺だった。



こちらのお店、
上田の有名なラーメン屋『ゆい六助』さんの店主の協力を得て2018年3月に開店したそうな。
「男豚骨」のメニューに書かれていた『インスパイア ゆい六助上田店』はそういうことだったんだねえ。




2018.6.23 あずみ亭

いやあ、
調子に乗ってたくさん食べてしまった。
信用なる情報元(ヤミツキマツモトさん)によれば、
激辛替え玉なるものもタイミングが合えばいただけるとか。
気になるぜやい。



柔らかい接客がお店の雰囲気をホンワカさせてくれるステキ空間が包む。
今度は味薄目な濃厚豚骨スープを試したいなあ。
冬季は白馬に行く途中でよく通るんだけど、
雪がない時期はほとんど来ない。
やはり安曇野は遠い。
けど何とかする。




ラーメン(安曇野市) | Comments(2) | Trackback(0)
2018/04/07

伊那市 『花ぜん 本店』






住所: 長野県伊那市境南1649-3
電話:0265-72-8304
営業時間:11時30分~14時、17時~21時
定休日:月曜日




2018.1.21 花ぜん

何となく久しぶりに伺ってみた。


2018.1.21 花ぜん

開店直後だったこともあり空き空きすー。
テーブル席を使わせていただいた。


2018.1.21 花ぜん

子連れのオトナが喜ぶシステムに変更。


2018.1.21 花ぜん

2018.1.21 花ぜん

気になっていたアレにする。



「ジンギスカン定食」(税別¥1,000)
2018.1.21 花ぜん

定食&丼系は高いなあと思っていたらハーフラーメン付きだったのね。
完全に見逃していた。
前回来た時は表記されてなかったよ?
多分他のお客さんから言われたんだろうねえ。

2018.1.21 花ぜん

ジンギスカンは冷凍のラム肉と思われ。
薄いのに硬い。
臭みがないから食べやすいけど、
ワシはもう少し獣を感じたい。

2018.1.21 花ぜん

ハーフラーメンはあっさりな醤油スープ。
中太麺にワカメ・コーン・ネギ。
可もなく不可もなく。



とんかつ・ハンバーグ・唐揚げはどうなんだろう。
今度はここら辺かなあ。





■「花ぜん」(ブログ内検索)




.
ラーメン(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2018/02/23

長野県 飯田市 『幸楽苑 飯田上郷店』






住所:長野県飯田市上郷飯沼2223-1
電話:0265-21-4310
営業時間:10時45分~26時
定休日:なし

昭和29年創業 幸楽苑(HP)





所用で飯田方面へ出掛けた。
本当にキリキリな状況でお仕事しているから街道沿いで広い駐車場があってすぐに注文した品を出してくれるこういうお店はありがたい。
13時も回っていたこともあり駐車場はガラガラ。
決めた。



2018.2.9 幸楽苑

うむ。



「尾道らーめん 半チャーハンセット」(税込¥853)
2018.2.9 幸楽苑

もっと背脂が浮いているかと思ったら大人しめで一安心。
スープは中華そばのソレ。
魚介系が強いかと思っていただけに拍子抜け。
これが”幸楽苑風”ってことか。

2018.2.9 幸楽苑

麺は若干幅が広い。
チュルッチュルで啜るたびにスープが飛び散るレベル。
コレはコレでアリ。


2018.2.9 幸楽苑

平日はバタバタしていてなかなかお昼にご飯を食べる時間がない。
ってなるとお米も基本週末だけ。
どうしてもお米が食べたくて注文。
しっとり系だけどベタッとすることなく食べやすい。
味もわりかし良い。
ってかさ、
単品の「ライス」って無くなったの?



食後5分ほど外を眺めてボーっと開放タイム。
店内は4組ほど。
全員リタイヤしたであろう佇まい。
会計時に入ってきた2組もそうだった。
そういう時代なんだなあ。




■「幸楽苑」(ブログ内検索)




.
ラーメン(飯田市) | Comments(0) | Trackback(0)
2018/02/11

長野県 長野市 『とんこつラーメン 博多屋台』






住所:長野県長野市東後町9−1
電話:026-219-2696
営業時間:11時30分~5時
定休日:なし




善光寺で初詣をした後
お昼ごはん難民となる前に何とかせねば。
権堂のアーケード商店街の入り口にあったラーメン屋さんが通し営業している。
しかも飲めそう。
決めた。



「生ビール」(税別¥480)
2018.1.6 博多屋台

ふんわりと豚骨を炊いた香りが漂う店内には先客が2組。
カウンター席に陣取り、
ゴクリと。
ガキンガキンに冷えたジョッキに注がれたビールが冷えた身体を更に冷してくれた。
でも美味しい。


「軟骨煮込み」(税別¥480)
2018.1.6 博多屋台

じゅんじゅんに煮込まれた豚さんの軟骨はトロットロ。
塩梅の良い味付け。
これを奥さまーとシェアして、
ビールのお替わりやら烏龍ハイ(税別¥390)やら各々3杯ずつ飲んだ。



「こってりとんこつラーメン」(税別¥690)
2018.1.6 博多屋台

昼飲みの〆はやっぱしこの子。
豚骨の荒々しい匂いが鼻腔をくすぐる。
塩分そこそこ、
背脂がスープの温度を下げるのを抑えて最後まで熱々。
言うほどこってりじゃなかったけど、
ワシの好きな濃度。

2018.1.6 博多屋台

かためでお願いした細麺はパツンと歯切れがよく、
博多のソレっぽい仕上がり。
麺量はやや少なめに感じたけど、
飲んだ後の〆としては丁度良い。
ココにして良かった。



飲み過ぎず、
フワッとした身体。
外に出るとやはり寒い。
コンビニエンスストアでお買い物をして、
権堂近くに予約したホテルへ向かった。




2018.1.6 博多屋台





.
ラーメン(長野市) | Comments(0) | Trackback(0)
2018/02/06

伊那市 『横浜家系ラーメン 喬』






住所:長野県伊那市荒井3497-10 宮坂ビル1F
電話:0265-95-4926
営業時間:11時~14時、17時~0時
定休日:月曜日



OPENしてから1年ほど経ったであろうか。
2回ほどお昼ごはんを食べに行ったもののいつも満席。
若干の待ちも出ていたので諦めた。
3度目の正直とばかりに意気込んで12時ジャストに伺った。
ワシらのすぐ前に作業着を着た4人組のお兄さんがお店へ入っていった。
これはダメかもしれない、
と思ったけどまだ空席あり。
勝手がわからないまま食券を購入して奥のカウンター席に座った。


2017.12.28 喬

調理担当の若き大将とそのチチカカであろうお二人がホール担当。
大将の趣味と思われるHi-STANDARDなグッズが店内に並んでいた。


2017.12.28 喬

食券を渡し、
壁に貼られたメニューを見た。
「豚骨つけ麺」なんてあるじゃーん。
完全に見落としていた。

2017.12.28 喬

「博多とんこつ」なんてあるじゃーん。
なんだよぉ。

2017.12.28 喬

ガックシしながら参考書に目を通した。
情報量が多すぎて、
冬。



「豚骨醤油」(¥720)
2017.12.28 喬

海苔3枚・キャベツ・チャーシューと濃度の高そうな豚骨ベースのスープ。
The 家系ラーメン然とした出で立ち。
スープは割りとしっかりと豚骨らしい香りとコクがあり、
伊那近辺の中では一番好み。
チャーシューは大きくて食べ応えがあったけど、
若干臭みがあった。
許容範囲だけど。

2017.12.28 喬

ムッチムチなエロい麺。
茹で加減も柔らかすぎず良き塩梅。
ガツン系スープに負けないしっかり麺。
完璧。


「ミニチャーシュー丼」(¥200)
2017.12.28 喬

きっとご飯が欲しくなるだろうとついつい。
しっとり柔らかなチャーシューは臭みがない。
あれ?


「極太ネオつけ麺 大」(¥780)
2017.12.28 喬

奥さまーのオーダー。
何かお店のお母さんに言っている。
どうやら並盛を頼んだのに間違えて大盛が出てきたそうな。
大将から「残しても良いんでどうぞ!」と威勢よく返事が来たのでガッツリいただこう。

2017.12.28 喬

まるでうどんのような麺。
これが「極太ネオ」か。
小麦の風味がこれでもかというくらい出てきて楽しい麺。
粘土の高いつけ汁の入った器へ極太麺を移動させるのに苦労したくらい太く、
そして重たい。
にしてもキャベツの量が多いなあと思っていたら、
キャベツをトッピング(¥100)したそうな。
食べ切れない麺をワシの「豚骨醤油」の器に移して有るを尽くしてしっかりと堪能した。



噂通り美味しいスープと麺が食べられる家系ラーメン屋さんであった。
今回の訪問で色々と学習したので次回は券売機の前で堂々と食べたいものを選びたいと思う。
そう、
「博多とんこつ」を。

2017.12.28 喬

あと、
夜の部も良いね。
おつまみも〆もあるしー。




.
ラーメン(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/12/19

南箕輪村 『麺づくり蒼空 本店』






住所:長野県上伊那郡南箕輪村田畑5553-3
電話:0265-73-1132
営業時間:11時30分~15時、18時~22時
定休日:火曜日




近そうで遠いお店。
ドタバタした日々を過ごしていると尚更。
行くならここしかない、
そう決め打ちした。


2017.12.16 蒼空

これを食べないと1年が終わらない。
そう思っている。



「鴨つけ」(税込¥1,015)
2017.12.16 蒼空

この定番の鴨つけスタイル、
素晴らしい。
白髪ネギの横に添えられたあおさ海苔が凄く良い仕事をしてくれる。

2017.12.16 蒼空

ほんのりと蕎麦香る麺。
しっかりと締められているから最後までダレない。

食べ終わりにスープ割りをお願いして有るを尽くした。



「和え麺」(税込¥788)
2017.12.16 蒼空

奥さまーの品。
どうやら「鴨つけ」には興味がない模様。
1年前も同じものを食べていた
どうやら「鴨つけ」には興味がない模様。



2017.12.16 蒼空

鳥インフルエンザの影響でフランス産の鴨の入手ができないみたいで他の産地から取り寄せているそうなんだけど、
ワシにはその違いがわからないから無問題。
今年も非常に美味しい期間限定をいただくことができた。




■「麺づくり蒼空」(ブログ内検索)





.
ラーメン(南箕輪村) | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »