2018/05/13

伊那市 『台湾料理 昇龍軒』






住所 : 長野県伊那市中央5217−2
営業時間 : 11時30分~14時、17時~0時
定休日 : 第3水曜(祝日の場合営業)
電話番号 : 0265-76-3919




2018.4.21 昇龍軒

何の気なしにコチラのお店でお昼ごはんを食べることにした。
土曜日の13時を回った店内は1組の先客しか居らず静か。



2018.4.21 昇龍軒

昇龍軒と書いて「シンアジ」と読む。

2018.4.21 昇龍軒

しっかりとした作りのメニューはどこぞやのお店のお下がりらしい。
こういうところがアレ。


2018.4.21 昇龍軒

出されたお水もプラコップに傷がひしめきあっていた。
こういうところがアレ。



「炒飯+塩ラーメン」(¥680)
2018.4.21 昇龍軒

ランチタイム限定のお得なセット。
正直炒飯単品で頼もうかと思ったんだけど、
プラス¥100でラーメンが付くならと欲張ってしまった。

2018.4.21 昇龍軒

麺は特色のないそこら辺のスーパーマーケットに売っていそうなもの。
このラーメン、
何か香る。

2018.4.21 昇龍軒

大振りのチャーシュー。
コレを食べて分かった。
香りの正体はこのチャーシューに使われている八角若しくは五香粉だわ。
嫌いじゃないけど面食らった。
麺も喰らったけど。
にしてもこの塩ラーメン、
血圧が上がるのが分かるくらいスープがクソ塩辛かった。


2018.4.21 昇龍軒

楽しみにしていた炒飯はメインのご飯がベチャッとしており、
しっとりパラっと仕上げには程遠く1次萎え。
まあ致し方無いと口に運ぶと今までに食べたことのない不思議な味のする炒飯で2次萎え。
そしてバカなワシは勇んで大盛りをお願いしてしまっていたのに3次萎え。
卓上のラー油や餃子のタレでテーブルクッキングを試みるもどうにもならず。
史上最悪の炒飯に出会ってしまった。



「海鮮ラーメン」(¥780)
2018.4.21 昇龍軒

奥さまーオーダー。
イカやら何やら入っていたそうな。
謎の白いピラピラしたものも。
スープは塩ラーメンと同じ。
ということはこれも非常にアレってことで。




久しぶりに行ったこの大陸系料理店は実に残念なお店となっていた。
伊那じゃ長く営業しているから安心していたのになあ。



2018.4.21 昇龍軒

次はもうない。
看板がそれを物語っていた。




■「伊那市 昇龍軒」(ブログ内検索)




.
スポンサーサイト
中華・台湾料理(伊那市) | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
やはり奥様の手料理が一番かと・・・。
Re: No title
> ご隠居プーさん さま

炒飯に関してはお外で食べるのが好きだっただけに残念でごわした・・・




.

管理者のみに表示