2017/01/17

伊那市 『DINING & BAR D style』






住所:長野県伊那市坂下1897-13 B1・1F
電話:0265-98-8677
営業時間:17時~26時(フードL.O. 25時)
定休日:日曜日(祝前日は営業)

DINING&BAR D style(Facebook)




ものすんごく寒い。
肩をすぼませ、
つるっつるな路面に足を取られながら町へ出た。
公私共にお世話になっているお友達との新年会。
さあ、
飲もう。



2017.1.13 D style

日本酒がたくさんある。
洋酒もたくさんあるけど、
日本酒推しがゴイスー。

2017.1.13 D style

おつまみは何にしましょうか。
2人だから悩む。


ハイネケンの生を飲み干した。
では行くぞ。



司牡丹酒造「日本を今一度せんたくいたし申候」
2017.1.13 D style

新年の振る舞い酒としていただいた。
土佐のお酒。
キレッキレな辛口。
暖機OK。



「豚モツとヒヨコ豆のトマト煮」(¥600)
2017.1.13 D style

豚モツって言うから濃い目の味付けを想像してたんだけど、
かなりアッサリ。
時折現れるヒヨコ豆のモソッとした食感がお酒を呼ぶ。
日本酒にも合うぜ?



菊姫「菊姫 ひやおろし」
2017.1.13 D style

こちらは石川のお酒。
驚くほどフルーティーで爽やか。
まるで白ワインかの様。
こんなのすぐ飲んじゃう。


越銘醸「本醸造 こしのつる」
2017.1.13 D style

続きまして新潟。
The 日本酒的ながっちりどっしりとした辛口なお味。
ヤバイな、
美味しいけど酔っ払ってきた。



2017.1.13 D style

お友達も普段飲まない日本酒の世界へお供いただいた。
酔ってやるぜ、
ゲヘヘ。



西田酒造店「田酒」
2017.1.13 D style

真打ち登場。
なかなかのプレミアムな日本酒だそうな。
本州最北端の青森から遠路遥々やって来た。
お米の味がしっかりと感じられ、
飲みくち軽い淡麗系。
これ、
きっとどんなアテでも合うよ、
きっと。
クイクイと飲みたい。
けど我慢した。



2017.1.13 D style



しっかりと日本酒を飲んでしまった。
後悔はしていない。
だって日本酒だけで南から北まで本州旅行ができたんだもの。
「田酒」に関しては入手困難な為すぐに完売してしまう恐れがありますので悪しからず、
とのこと。




良い酔いになりましたので次のお店へ。
この後3店ほどハシゴした。
連れ回しちゃってゴメンちゃい。




■「DINING & BAR D style」(ブログ内検索)




.
スポンサーサイト
酒場(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示