2016/10/27

第三パラダイス。






あれは中学生の頃だった。
夜中に聴いていたラジオから”服部”という言葉が幾度となく発せられる曲が流れ、
衝撃を受けた。
当時、
インターネットなんて存在していなかったから直ぐにその曲を演奏していたバンドの名前はわからなかった。
翌日始業前の教室でその話をしたらそのラジオ番組を聴いていた友人が居て、
「UNICORN」というバンドだと教えてくれた。
それ以降はレンタルビデオ屋『NICE DAY』(現在は閉店)でCDを借り、
カセットテープに落とすという作業を繰り返し、
通学中も勉強中も就寝前も聴きまくった。
高校生になってからも以前ほどではなくなったけど、
頻度高くアルバムを聴き、
ライブビデオを観、
「PATiPATi」やら「バンドやろうぜ」やら書店で彼らの記事を読み漁った。
5人全員が作詞作曲をし、
5人全員がボーカリスト。
上手い下手は別としてこういう面もワシの心をグッと掴んで離さなかった。

ライブに行きたいなあ、
そう強く思い始めた1993年9月、
彼らは解散した。
結構強い喪失感はあったけど、
親友に勧められて聴くようになった洋楽だったり、
生徒会に関わるようになってた時期でもあったからUNICORNロスとまではいかなかった。
以降、
その音楽センスや生き様に憧れ、
唯一表立った活動をしていた奥田民生氏を追うようになった。



解散から16年、
2009年の元旦の見開き1面の新聞広告を見た時、
中高時代に抱いたあのトキメキが一瞬にして湧き上がった。

2009.1.1 広告

2009.1.1 広告

シングル出るじゃんアルバム出るじゃんツアーやるじゃん。
シングル買ったアルバム買ったツアーは行けなかった。
即ソールドアウトだったんだもの。
その後、
2年に1度のペースでシングルやらアルバムをリリースするし、
ツアーもやるしで行ける日程のライブには行けるようになった。
奥さまーもDVD「UNICORN TOUR 2009 蘇る勤労」を観て一瞬にしてハマってくれて、
今や率先して情報収集やチケット購入をしてくれる。



ってなこんなで「ユニコーンツアー2016 第三パラダイス」を観にオリンパスホール八王子へ行ってきた。
2週間前に届いたチケットはまさかの3階席。
そして満員御礼。

2016.10.22 OLYMPUSホール

2,000人とチョイ収容の小さめのホールだったから思ってたよりステージが近くて一安心。
3時間余り50過ぎおじさん達のユーモアたっぷり、
のんべんだらりでアクティブな演奏や寸劇を楽しんだ。
ワシもおじさんになり彼らの演奏技術もとんでもなく高いことが分かってきた。
マジで凄いから。



また行きたいなあ。















スポンサーサイト
おでかけ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示