2016/08/25

岐阜県 岐阜市 『なかとら食堂』






住所:岐阜県岐阜市玉宮町1-5
電話:058-262-7516
営業時間:11時30分~19時
定休日:水曜日




姉一家を妹夫妻の住む家へ送り届けた後、
奥さまーと岐阜市へ向かった。
岐阜市へは過去に1度だけ行ったことがある。
あれは消防団の慰安旅行だったなあ。
昼間数時間だけ(ワシは駅前のまんが喫茶で時間つぶし)の滞在だったので夜の町を見てみたかったの。



2016.6.4 なかとら

早い時間から飲めるお店は限られており、
目当てのお店はパンッパン満員御礼だったので第2候補だったコチラのお店で。


2016.6.4 なかとら

右手に小上がり、
その他はテーブル席。
年季の入ったお兄さま方数組が既に飲まれていた。


「ビール 大ビン」(¥490)
2016.6.4 なかとら

キリンビール名古屋工場の近くということもあって、
ビールはキリン。
サッポロの次に好き。


2016.6.4 なかとら

夜はまだ長い。
慎重にツマミを決めよう。


「白身魚フライ」(¥320)
2016.6.4 なかとら

2切れとキャベ千。
意外としっかりな量。
さっくり揚がった白身魚とビール、
はいはいはいはい。


「牛レバーのスタミナ焼き」(¥?)
2016.6.4 なかとら

¥400くらいだった気がするコチラの品はレバーらしいレバー。
ハードに焼きあげられたレバーに甘辛いタレが絡まって酒飲みが好きな味。
七味をキツ目に振りかけると進む。



2016.6.4 なかとら

温かい品は調理場で作られ、
お刺身やポテトサラダとかの冷やし系はこの冷ケースから各々取ってくるシステム。
「味付とろろ」(¥230)が気になったけど、
敢えて外した。



「めんたい巻」(¥200)
2016.6.4 なかとら

酒飲み心をくすぐる品。
明太子を白菜漬けでクルリンパ。
チビチビ系好き。


「レモンハイ」(¥340)
2016.6.4 なかとら

サワーにしてもらった。
微炭酸でほんのりレモン果汁が落ち込んだサッパリ系ドリンコ。
風味からして、
焼酎は「いいちこ」を使ってる模様。



2016.6.4 なかとら

1時間ちょっと居たかな。
ギャーギャー騒ぐようなお客さんは皆無。
1人飲みしているお父さんや、
お店で待ち合わせて酒盛りを始めるお兄さんらが昼からしっぽり飲めるお店。
もちろんご飯物やラーメン、
定食もあるので食堂として凛と成り立っております。



2016.6.4 なかとら

んでは岐阜の町の探検へ出る。





.
スポンサーサイト
酒場(岐阜県内) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示