2015/07/14

伊那市 『アジア料理 アンナプルナ 伊那店』






住所:長野県伊那市中央4569
電話:0265-72-3577
営業時間:11時~15時、17時~22時
定休日:?




アジアな料理をつまみながら飲んでみたい。
いかがかしら?と奥さまーが町飲みのお友達に声を掛けて4人集めた。
よし、
行こう。



2016.6.13 アンナプルナ

夜の部も盛況。
駐車場はほぼ埋まっていた。


「サッポロ黒ラベル(樽生)」(¥500)
2016.6.13 アンナプルナ

予約してくれていた。
小上がりに案内され、
即座にビールを注文。
だって家から歩いてきたんだもの。
喉が渇いているんだもの。
そんな状態で飲んだビールはあんまし美味しくなかった。
炭酸が多いように感じた。
たまたまだと思いたい。


「パパド」(¥210)
2016.6.13 アンナプルナ

ネパールの辛いおせんべいだとか。
お酒頼むと出てくるお通しもこれだった。
ビールを頼んだ時に併せて注文したの。
まさかのカブり。
お気を付けあそばせ。


「アチャール」(¥420)
2016.6.13 アンナプルナ

スパイスの効いたお漬物。
大根・人参の歯応えが良くってバックバク食べちゃった。
これ、
家でも作れないかなあ。
食べたいなあ。



「チキン・ティッカ(5P)」(¥780)
2016.6.13 アンナプルナ

骨付きとか食べにくそうだったし、
5Pだっていうからこれにした。
柔らかジュウシイな鶏もも肉が鉄板で登場。
こちらも万遍なくスパイスを纏い、
ビールが進む。
お肉の下に敷かれたキャベツがまた美味しい。


「サモサ」(¥420)
2016.6.13 アンナプルナ

インド風揚げ餃子と書かれていた。
気になるじゃんね?
意外と大きいじゃんね?
半分に割ってシェアするしかないよね?

2016.6.13 アンナプルナ

じゃがいもがメイン。
スパイスなシードがゴロゴロ入っていた。
コロッケだな、
これは。
ソースはケチャップ。
まんまケチャップ。
でもさ、
こういうのもアリ。


「シーフード焼きそば」(¥590)
2016.6.13 アンナプルナ

完全に自分たちを見失っていた。
4人いるから大丈夫、
的な安心感。
勢いで頼んだ。
至って普通の塩焼きそば。
シーフードは冷凍のアレでしたー。



そろそろカレーを頼もうかね。
でもさ、
かなり満たされてる。
3つ頼みましょう。
んで、
シェアしましょう。



「ナン」(¥400)、「チーズ・ナン」(¥680)
2016.6.13 アンナプルナ

先にナンが登場
やっぱしバカデカい。
奥に座る大男と比べてもデカい。


「チキン・サグ」(¥980)
2016.6.13 アンナプルナ

鶏肉とほうれん草のカレー。
ほうれん草カラーがしっかりと出ている。
ただ味にはさほど出ておらず、
食べやすいカレー。


「キーマ・マター」(¥880)
2016.6.13 アンナプルナ

ワシの知っているキーマではない。
色も違うし、
挽き肉感が弱い。
これが本当のキーマなんだろうか?
わからないけど美味しいよ?


「マトン・マサラ」(¥980)
2016.6.13 アンナプルナ

ワシがどうしても食べたかった品。
良い色。
ちょっと辛めにしてってお願いした。
羊さんのお肉から出た脂と本来持つ香りが優しくカレーとして一体となった。
ナンが進む。
もうお酒は飲めない。
ナンも厳しい。
とても辛(つら)い。



ナンとか完食。
幸せな気持ちです。
やっぱし複数人で来てシェアするのが良いぞ。
このお店に限らず言えることですけど。



この後徒歩にて街の中心部に移動。
腹ごなしの足しにもならなかった。
案の定本当に飲めず、
早々に帰宅したのでありやした。




■「アンナプルナ」(ブログ内検索)




.
スポンサーサイト
アジア料理(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示