FC2ブログ
2016/12/21

伊那市 『DINING & BAR D style』






住所:長野県伊那市坂下1897-13 B1・1F
電話:0265-98-8677
営業時間:17時~26時(フードL.O. 25時)
定休日:日曜日(祝前日は営業)

DINING&BAR D style(Facebook)




フラフラっと町に出た。
何となくこのお店に入った。
いつもと変わらない空間がそこにはあった。


2016.10.15 D style

そしていつもと変わらぬハイネケン。


2016.10.15 D style

気仙沼から仕入れたという秋刀魚を使ってこんな料理が出てきた。
うんまいなコレ。


2016.10.15 D style

どちらかと言うと苦手な部類だったお酒、
そう日本酒。
何故かここに来て美味しく感じてきてしまった。
いかん、
これはいかんよ。


2016.10.15 D style

店主がそっと出してくれた。
こんなのがあんのかよ。
『DINING & BAR D style』はこんなお店です。


2016.10.15 D style

でもね、
飲んでいくうちに味がよく分かんなくなってきちゃうのよ。
銘柄と味はメモっておかないとね。


2016.10.15 D style

この夜一番衝撃的なテイストだった日本酒だったような気がする。
ガッツリドライ目なのが好みです。



日本酒を飲む時は、
ひと口飲んだら同量のお水を摂ること。
次の日の自分が大事なら特に。
あと、
熊の胆ね?





■「DINING & BAR D style」(ブログ内検索)





.
酒場(伊那市) | Comments(2) | Trackback(0)
2016/12/20

長野県 飯田市 『幸楽苑 飯田上郷店』






住所:長野県飯田市上郷飯沼2223-1
電話:0265-21-4310
営業時間:10時45分~26時
定休日:なし

昭和29年創業 幸楽苑(HP)





用事があって飯田方面へ出掛けた。
お腹ペコリン。
タイミングよくお店の前を通り、
お昼時だと言うのに意外にも空いていたのでズバッとイン。
日当たりの良いテーブル席に案内された。


2016.10.6 幸楽苑

お得なランチセット。
17時までやってるってよ。
いいねやるね。


2016.10.6 幸楽苑

迷っちゃうよなあ。
どうしようどうしよう。
ササッと決められない性分です。



「鶏白湯ラーメン ギョーザセット」(税込¥831)
2016.10.6 幸楽苑

先にラーメンが出された。
具材がしっかりと載っておりボリュウミイ。
天に柚子がちょっぴり鎮座。
ラーメンに柚子、
この組み合わせが苦手なので柚子だけで食べちゃった。
チェーン店系の鶏白湯なんて、
と思っていた自分がバカでした。
ちゃんと鶏白湯のソレでした。
あおさ海苔の風味と相まると更に良い。
鶏もも肉のチャーシューもたっぷりあって食べ応えあり。

2016.10.6 幸楽苑

麺は何だろう?
やたらとパッツリしていた。
いつまでもパッツリしていた。
小麦粉入りの冷麺のような食感。
最後まで伸びることがなかったし、
これはこれで美味しかった。

2016.10.6 幸楽苑

少し遅れてのギョーザ。
幸楽苑のギョーザって殆ど食べたことが無かったんだけど、
こんなに美味しいの?、
ってくらい好印象。
パリッッと焼かれていて、
尚且つ餡はふっくらしっとり。
アナドレン。



食後、
少しダルっとしてお会計。

2016.10.6 幸楽苑

ちょうど木曜日だったので400円分の金券を貰った。
やったぜ。
但し飲食した店舗のみでの使用可能なんだそうな。
あんまし飯田には来ないんだよなあ。





.■「幸楽苑」(ブログ内検索)




.
ラーメン(飯田市) | Comments(0) | Trackback(0)
2016/12/19

ボールまみれ。






2016.12.15 夕ごはん

UEFA クラブワールドカップの準決勝 クラブ・アメリカ×レアル・マドリードの試合をテレビ観戦。
クリスティアーノ・ロナウドは足で球をこね繰り返し、
ワシはお口で肉団子の甘酢餡かけをこね繰り返した。
肉団子の甘酢餡かけも好き。
結構好き。
うんと好き。


2016.12.15 夕ごはん

ゴボウたっぷりなひじきの煮物。
食物繊維盛りだくさん。
ご飯に乗っけてワシワシとやりたい。
サワーでチビチビやった。


2016.12.15 夕ごはん

具材限定のおでん風。
大根がホロリと解けるほどしっかりと煮込まれていて、
これまたチビチビやった。
ウズラの卵が隠された練り物も良い。
一番良かったのはこんにゃく。
味がしっかり入ったこんにゃくは罪深い。
飲ませ上手すぎるんだもの。



2016年も最終コーナーをまわり、
あとは直線コースを駆け抜けるのみ。
ゴール手前に落とし穴があるかもしれない。
気を付けて。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2016/12/18

岡谷市 『和食レストラン夢庵 岡谷店』






住所 : 長野県岡谷市塚間町2-1-10
営業時間 : 10時30分~0時
定休日 : なし
電話番号 : 0266-24-2711

■「和食レストラン夢庵」(HP)




買い物しようとレイクウォーク岡谷まで出掛けたが、
お腹が空いたのでお昼ごはんをどこかで食べよう。
レイクウォーク岡谷内にあるレストランはどこも忙しそう。
ピンとこなかったので、
お隣りにあるコチラのお店にした。



2016.10.15 藍屋

やっすいなあ。
蕎麦脳になった。



「夢庵の二八そば(3玉)」(税抜¥999)
2016.10.15 藍屋

ごめんなさいごめんなさい。
奥さまーは4玉をグリグリ推してきたけど、
絶対に無理なのが分かってたのでひと玉減らしたのにこの有様。

2016.10.15 藍屋

盛りが凄い。
しっかりと冷水で締められていて、
且つ蕎麦の風味も豊か。
あれ?
これ美味しい。
だけどもつゆが毎度おなじみのアレ。
そこまで期待してはいけません。

2016.10.15 藍屋

巨大飲食チェーン店が成せる技なのか、
サックリと揚げられた天ぷらはどれも美味しかった。



「日替わり定番ランチ(豚肉の生姜焼き風)」(税抜¥599)
2016.10.15 藍屋

奥さまーのオーダー品。
これもまた安いわ。
それより何より「生姜焼き風」って何でしょね。
ちょっとお裾分けをいただいたんだけど、
味は生姜焼きなベクトルなんだけど焼いてないね。
煮てあるね。
だから”風”なの?
副菜のイカフライ、
細かく刻んだイカを成形してあって不思議な食感だった。



3玉は相当多い。
暫くお蕎麦は良いかなあ。



2016.10.15 藍屋

腹ごなしをかけて店内をくまなく散策。
人が多いわ。




.
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(岡谷市) | Comments(0) | Trackback(0)
2016/12/17

中から冷やす。






2016.12.14 夕ごはん

毎度手をかけて具材を切り、
麺を茹で、
麺を締め、
綺麗に盛り付けてくれる。
寒い時に冷たいものを食べる。
これもまた一興。
美味しいしさー、
年中食べたいんだよ冷やし中華。
「冷やし中華あり〼」の張り紙求む。


2016.12.14 夕ごはん

ピーマンとエリンギと昆布と。
昆布の旨味が良いんです。
昆布大好き。


2016.12.14 夕ごはん

ブロッコリーのぽん酢お浸し。
柚子の風味がした。
柚子胡椒をちーっとばかし入れたんだって。
これがまたお酒を呼ぶ味。
キンミヤ焼酎、
バンザイ。


2016.12.14 夕ごはん

柔らかく火の通った鶏胸肉にみぞれ餡がテロリンと掛けられた品。
天つゆに付けた天ぷらのような味でグイグイ進む。
これでご飯もイケそう。



12月高速ターン。
もう半月もないとか嘘でしょ?




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2016/12/16

ずるむけ。






2016.12.13 夕ごはん

カラカラカラとキッチンから小気味良い揚げ音が聞こえた。
揚げたてアツアツの鶏の唐揚げ。
油淋ソースを掛けて頬張れば肉汁が溢れ、
サクサクの鶏の皮目からもジュースが迸った。
そう、
上顎内の皮がめくれた。
んなもん、
美味しいものを食べるには試練が必要。
ビールもハイボールも喜んでおった。


2016.12.13 夕ごはん

春雨なサラダ。
給食としてよく見たなあ。
見た目も味も再現率高し。
少し和からしを添えてオトナテイストに味変。
コレはコレで良い。


2016.12.13 夕ごはん

堅豆腐のキノコ餡かけ。
お豆腐から水分が出ないから最後まで餡が薄まることがなかった。
餡かけは幸せの調理法。



スタッドレスタイヤに履き替えてから一度も雪は降らないし、
路面凍結もない。
助かるんだけど、
何かもったいないような気がしてならない。
もう少し先延ばしできたかな?、
って。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2016/12/15

伊那市 『酒とかふぇ はしば』






住所 : 長野県伊那市坂下3312-1(元橋場歯科医院)
営業時間 : 18時~0時頃
定休日 : 日曜日
電話番号 : 0265-95-3758

酒とかふぇ はしば(blog)




飲みに行きたいひとー、
って募られるとついつい手を上げてしまうサガ。
急遽参加することになった飲み会前に、
0次回をダーハマと開催した。
やや寒な気候だったのでおでんで暖を取ろう。



「ビール」(¥500)
2016.10.8 はしば

ビールも美味しいけど、
お通しがまた美味い。



2016.10.8 はしば

パワーアップしまくりなラインナップ。



「まめやさんの冷奴」(¥500)
2016.10.8 はしば

濃ゆい美味いグビーっル。



2016.10.8 はしば

本会前だからそんなにしっかり飲食してはなりません。
吟味する。



「おでん 大根」(¥100)、「おでん 三陸生わかめ」(¥150)
2016.10.8 はしば

絶対に外すことができないおでんアイテム、
大根。
これは揺るぎない。
箸を入れると湧き出す出汁。
幸福。
生わかめがね、
お酒に合う。
そう、
お酒。



「今錦 たま子」
2016.10.8 はしば

嗚呼、
また手を出してしまった。


「たてにゃん vol.2」
2016.10.8 はしば

日本酒は1日2合まで。
どちらもスッキリとしたお味でおでんがすすみます。


2016.10.8 はしば

店主・八木さんがそっと出してくれた「鶏レバーの醤油漬け」。
なにこれすげえ美味しい。
飲ませ上手め。



本会の時間が差し迫ったのでここらで一旦〆。
今度はじっくり腰を落ち着けてやりたいなあ。
どなたかご一緒してくれませんか?
連絡待っています。
atainomitai@nansiro.com




■「酒とかふぇ はしば」(ブログ内検索)




.
酒場(伊那市) | Comments(2) | Trackback(0)
2016/12/14

わりとなんでも。






2016.12.12 夕ごはん

『デリシア』で堅豆腐なる商品を見つけた。
豆腐ステーキやチャンプルーに、
ってことだったので豆腐チャンプルーを作ってくれた。
木綿豆腐以上に堅い。
こりゃ良いね。
水気も出てこないし炒め物に最適。
伊那谷でこの手のお豆腐が容易に手に入る世の中になりました。


2016.12.12 夕ごはん

じゃこおろしじゃ。
歯ごたえのあるじゃこが好き。
かちり系。


2016.12.12 夕ごはん

とろろグラタンだーい。
桜エビの香りと食感が食欲をより掻き立てる。
山芋・チーズ・桜エビとシンプルな構成ながら醸し出す和音は幾重にもなる。
スフレのような食感のとろろが絶品よ?



雪が降りそうで降らない、
暖かそうで寒い、
不思議な冬の始まり。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2016/12/13

南箕輪村 『麺づくり蒼空 本店』






住所:長野県上伊那郡南箕輪村田畑5553-3
電話:0265-73-1132
営業時間:11時30分~15時、18時~22時
定休日:火曜日




2016.12.11 蒼空

10月~12月限定、
毎度お馴染みの「鴨つけ」。
メニューに値上がりしちゃってごめんちゃい文が掲載されてたけど、
税抜き価格で¥950(2013年) → ¥904(2014年) → ¥940(2015年、2016年)っていう経過を見ると¥50以内の変動くらいだもの無問題。



2016.12.11 蒼空

13時過ぎの入店。
見事に満席。
ちょうど空いた小上がり席を使わせてもらった。



「蒼空鴨つけ」(税込¥1,231)+「大盛(1.5玉)」(税込¥108)
2016.12.11 蒼空

今年もこんにちわ。
さながら彦星と織姫。

2016.12.11 蒼空

各品に”蒼空”の冠を付けるとチャーシュー・味玉半分・焼き海苔・穂先メンマが増量の特製らぁめんになる。
「鴨増し」(税込¥442)は泣く泣く諦め、
「蒼空鴨つけ」で勝負。

2016.12.11 蒼空

好きな茹で加減の味玉。
さすがプロだなあ。
絶妙。
「たまらーん」とか言わない。

2016.12.11 蒼空

麺とダブル主演を張るフランス産真鴨。
タタキにされた鴨ちゃんは厚くカットされてて食べ応え充分。
臭みなんて無く、
肉肉しい中にも繊細な鴨独特な味わいが広がってずっとモグモグしてたい。
鴨増しすれば良かったなあ。

2016.12.11 蒼空

戸隠の蕎麦粉を小麦粉に混ぜ混ぜしてこさえた麺はふんわりと蕎麦の香りがするんだけど、
ビシっと締められた麺はコシが強く喉越しもよくラーメンの麺となって身体に入っていく不思議。
今年も美味しい麺だわ。
ただ、
大盛りが後半効いてきてキツくなるお年頃。
悲しいなあ。

2016.12.11 蒼空

日によってやたら塩辛かったりと味の濃さが違うことがある、
なんて聞いていたけどこの日のつけ汁は完璧。
生と焦がしの2種のネギが毎度のことながら良い仕事をしてくれる。
途中で温め直しをお願いするとしてくれるよ?



2016.12.11 蒼空

お水も美味しい。



「和え麺」(税込¥788)
2016.12.11 蒼空

奥さまーチョイスの品。
これも好きなんだよなあ。

2016.12.11 蒼空

よぉく混ぜれば混ぜるほど美味しくなります。
言い過ぎた感はありますが敢えて(”和えて”には掛かっていません)言わせておくれ。
「紅和え麺、早く!」



2016.12.11 蒼空

〆はつけ汁をスープ割りでいただいた。
満足満腹。



やはり本店は中の人達が凛としているんだよなあ。
接客に切れ味があるもの。

そういうお店だからなのか14時近くなっても引っ切り無しにお客さんの出入りがあった。




2016.12.11 蒼空

2016.12.11 蒼空

2016.12.11 蒼空




■「麺づくり蒼空」(ブログ内検索)




.
ラーメン(南箕輪村) | Comments(0) | Trackback(0)
2016/12/12

スライド登板。






2016.12.8 夕ごはん

水曜日に登板することの多いカレー。
今回は木曜日に登場した。
おつまみカレーを意識して具材ゴロッとなのを作ってくれるので助かる。
ハラペーニョの酢漬けをトッピしたらギュンギュン進んだ。


2016.12.8 夕ごはん

スパサラ。
こういうのが常時置いてあるお店で飲みたい。
ドライなサワーで。


2016.12.8 夕ごはん

タコとワカメの酢の物ッス。
これもまたおじさん達感涙の品。
涙の塩味が加わるとしっぽり飲れる。
ずっぽりとも飲れる。



いよいよ北の山が降雪し始めたようだ。
この調子で山にはドカンと雪を落として欲しい。
そして、
里には極力降らせないで。
マジで。
腰が死ぬから。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »