2015/11/14

東京都 千代田区 『Indochinoise (アンドシノワーズ)』





Indochinoise アンドシノワーズ(HP)
Indochinoise アンドシノワーズ(Facebook)
Indochinoise アンドシノワーズ(Twitter)





以前ベトナムに旅行へ行った時に非常にお世話になった中学時代からのお友達・Azuと、
彼女のご主人・けんちゃんが昨年料理ユニットを組んだ。
その名も「Indochinoise(アンドシノワーズ)」。
インドシナの料理を深く深く掘り下げ、
2人で都内各所で食材を揃え、
時折出先でビールを飲み、
手を掛け、
時折作業中にビールを飲み、
調理し、
ケータリングやキッチンを訪問した客人に提供する。
そんな感じな活動だそうな。


前々からキッチンに伺ってみたかったんだけど、
如何せん東京だし、
伊那で地区の行事やら家事やらに追われて何かとせわしなくしていたらもう10月。
こりゃまずいってことになり東京在住の弟分夫妻とそのお子と一緒に突撃しようということになった。



良い感じに草臥れた雑居ビルの3階にアジトはあった。
ドアを開けると鮮烈に香るハーブ。
そして完全なるインドシナな空気が漂い、
岩本町なんてどっかに行ってしまった。


6人は優に座れる大きさのテーブルには所狭しとお料理や道具が並ぶ。
浮足立つ面々。



2015.10.31 アンドシノワーズ

緑色の葉物たちがブワッと。
視覚で楽しい。
なんて思ってると適当に始めてくれと言われ開始のホイッスルが突如吹かれた。


2015.10.31 アンドシノワーズ

カジキマグロのハーブ焼き。
生ハーブの威力をまざまざと感じる品。
爽やかなんだけど深い。
一気にワシらの変な緊張感は解けた。


2015.10.31 アンドシノワーズ

鶏のレバペ。
今まで食べたことのあるレバペと比べるとモッサリ感が少なくとても食べやすかった。
魚醤を使っているとのこと。
隠し味的な使い方をしたことないなあ。
勉強にもなる。


2015.10.31 アンドシノワーズ

席を離れちょっとブラリ。
雰囲気バリバリな食器たち。
センスチラリ。


2015.10.31 アンドシノワーズ

何故か一同キッチンに集まり撮影会。
逐一オシャンティ。



2015.10.31 アンドシノワーズ

んではじっくりと行くでよ?


2015.10.31 アンドシノワーズ

の前に乾杯。
けんちゃんオススメのV.S.O.Pのソーダ割り。
ブランデーのソーダ割りを初めて飲んだけどめたくた美味しい。
香りの立ち方が半端ない。
今日のテーマは「香り」だな。


2015.10.31 アンドシノワーズ

豚さん登場。
このままでも美味しいのですがね、
こうやって食べて欲しいとけんちゃんが実演。
それに習って一同も続く。

2015.10.31 アンドシノワーズ

これは戦いだ。
譲り合いの精神なんてクソ喰らえ。
あ、
どうぞお先に。

2015.10.31 アンドシノワーズ

サッと水にくぐらせたライスペーパーに各々好きな食材と豚さんを載せる。
ワシは贅沢にもパクチーをファサっとトッピング。

2015.10.31 アンドシノワーズ

美味しくないわけがない。
パクチー始め香草たちがワーっと暴れ、
その後に豚さんが遅れて登場。
そしてまた香草たちがカーテンコールで現れる。
軽いんだけど大きな満足感。
これ、
アイツが進むやつだわ。


2015.10.31 アンドシノワーズ

アイツらは保冷剤の入った大きな鍋のプールでゆらゆら浮遊。



2015.10.31 アンドシノワーズ

仕事をする漢の姿。
イカす。



2015.10.31 アンドシノワーズ

20代までは苦手だったパクチー。
「チャボ小屋の味がするwww」と笑いあったあの頃にバカヤロウ。
今じゃ単体だけでも食べちゃうもの。



2015.10.31 アンドシノワーズ

去年ベトナムで食べた以来のバンミー。
2日連続で朝ごはんとして食べたくらい好きだ。
これだけは絶対に作って欲しいとお願いしていたの。
レバペ・なます・お肉が挟まれたバゲットにパクチーをこんもりと勝手にトッピング。
外側バリッ、
中はモチパリっとしたバゲットが見事にバンミーらしさを再現。
日本ではなかなか現地に近い食感のバゲットに出会わないって話をしてたんだけどこれはかなりレベルが高かった。
もちろん各具材たちも殺しあわず、
お互いを活かす仕事をしちゃってくれて、
ものの2分で完食しちゃったんだから。
欲が満たされた瞬間であった。



2015.10.31 アンドシノワーズ

一服。



2015.10.31 アンドシノワーズ

キッチンではスパイスやハーブがグリグリゴリゴリされていてこれまた良い香りが漂う。
完全にインドシナ。


2015.10.31 アンドシノワーズ

お皿もだけどカトラリーもかなりイケてる。
あと食材や食器を運んだりするカゴも素敵。


2015.10.31 アンドシノワーズ

この造作のない感じがさー。
こういうセンスが欲しい。



2015.10.31 アンドシノワーズ

キッチンではけんちゃんがなにやら作業を始めた。

2015.10.31 アンドシノワーズ

さっきAzuが磨り潰していたスパイス&ハーブを炒め始めた。
とても美味しい香りがした。
間違いないやつだな、
この香りは。



2015.10.31 アンドシノワーズ

小休止。



2015.10.31 アンドシノワーズ

カレーのお出まし。
ワシらが知っているカレーよりはスパイス臭は柔らかく、
ハーブのソレが鼻の奥でファサファサファサーっとくすぐる。
食べたい。
すぐに食べたい。

2015.10.31 アンドシノワーズ

ご飯はもちろん長粒米。
当然のごとく鍋で炊飯。
最近奥さまーもこの手法を取り入れている。
ワシはまだまだなので炊飯器。

2015.10.31 アンドシノワーズ

正直、
どんなスパイス&ハーブが入っているのかわからなかった。
ってかワシの知っているのなんてたかが知れてるもの。
あっさりとしているんだけど香り高く、
何となく深い。
語彙力のなさ。
悔しい。
美味しい。
幸福。
辛味はそんなにない。
この味を子供の時に知っていたらどうなっていただろう。

2015.10.31 アンドシノワーズ

お好みでこれを添えろと。
添えた。
辛味と風味上昇。
なんだこれ、
めちゃくちゃ美味しいぞ?
持って帰りたかった・・・。

2015.10.31 アンドシノワーズ

プロカメラマンがワシのショボいカメラで不慣れな操作で撮った画。
ちきしょう。



2015.10.31 アンドシノワーズ

ちょいと風に当たりたくて外へ出た。
戻るとまたあの岩本町ではない雰囲気にグイグイ引きずり込まれた。



2015.10.31 アンドシノワーズ

ここまでされると何も言えない。
徹底的。
お見事。


2015.10.31 アンドシノワーズ

プーアール茶ゼリー。
優しい甘み。
ほんのり香るプーアール。
これにホイップクリームが載ってたら怒ってたかも。
きっとそんなことはしない。
よね?


2015.10.31 アンドシノワーズ

なんだかんだ言って4時間近く居ついちゃった。
ってか時計見て時間の経つスピードの速さにびっくりしたもの。
それだけ楽しく、
それだけ空間を満喫できたってことだなあ。
なかなかできない経験をさせてもらえた。
準備から調理から片付けまでやっていただきありがとうございました。
次は魚介系でお願いします。
寒い長野から逃げてくっから。



2人と別れて一行は駅まで徒歩移動。
そこで見た夕景もまた良かった。
美味しかったなあ。

2015.10.31 アンドシノワーズ



尚、
今回撮った画像は敢えて暗めな感じにしてみた。
それっぽいかなあと思ったので。




.
スポンサーサイト
アジア料理(東京都内) | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |