FC2ブログ
2019/07/27

駒ヶ根市 『南信州ビール 直営レストラン 味わい工房』






住所:長野県駒ヶ根市赤穂759-447
電話:0265-81-7722
営業時間: ランチタイム 11時30分~15時30分(15時L.O)
ディナータイム 17時~21時(20時L.O)
月曜日はランチタイムのみ営業(祝日を除く)
定休日:木曜日(ハイシーズンは除く)

南信州ビール 味わい工房(HP)




ワシは大馬鹿だ。
2012年から「ありがとう祭」と称したコチラのお店で飲める地ビール半額フェアに参加している。(2016年除く)
今年も当然意気揚々と、
そして虎視眈々と狙っていた。


2019.7.7 味わい工房

普段から仲良くさせてもらっているメンバー+幼女1人とで伊那市から電車に乗って駒ヶ根へ移動。
定刻通り到着するも跨線橋の無い駒ヶ根駅構内の踏切で乗ってきた電車が通過するのを待っていたら乗る予定だったバスが行ってしもた。
去年も同じ時刻発のバスに乗れなかった。
予定調和とばかりに駅前のスーパーマーケットでビールを購入し、
お店の前のスペースで飲みながら駄弁りながら30分後に出るバスを待った。


2019.7.7 味わい工房

菅の台バスセンターへ向けて出発。
毎度のことながお昼すぎに駒ヶ根駅を出る山行きのバスはワシらともう一組の乗客のみ。
うむ。



2019.7.7 味わい工房

到着。
今年も予約なしで座ることができた。
ありがたや。


「ゴールデンエール」(税込¥680→¥340)
2019.7.7 味わい工房

まずはこちらからスタート。
スッキリ。


「フライドポテト」(税込¥430)
2019.7.7 味わい工房

モサモサ感がビールを呼ぶ。


「トマトとモッツァレラチーズのサラダ」(税込¥1,000)
2019.7.7 味わい工房

酸味の効いたジュレ状のドレッシングがふんだんに掛かった品。


「ソーセージ4種盛り合わせ」(税込¥1,280)
2019.7.7 味わい工房

マストアイテム。
鹿ソーセージが出払ってしまったということで5種から4種へ変更。
付け合せのザワークラウトが良き。



2019.7.7 味わい工房



「南信州豚おつまみソースかつ」(税込¥1,160)
2019.7.7 味わい工房

ソースかつ丼のアタマ。
これがサックリと揚げられ、
ソースもフルーティーでちゃんと厚みもあって歯切れのよいロース肉で想像以上に美味しかった。
やるなあ。



「信州味噌ピッツァ」
2019.7.7 味わい工房

ひょんなことから出していただいたピザ。
全員で分け合い美味しくいただきました。
アマキング、
ありがとう。


2019.7.7 味わい工房

「アンバーエール」・「デュンケルヴァイツェン」・「アルプスヴァイツェン」と全種類を飲み、
アンコールで「デュンケルヴァイツェン」を頼み〆。



幼女は去年までたまに会うワシらを見ると恥ずかしがりお話もできなかったけど、
保育園でたくましく成長したようで髭のオジさんばかりだったのに臆することなくガンガン攻めてきた。
人様の家の子の成長は早い。



2019.7.7 味わい工房

すずらんソフトクリームを食べてバスにて下山。
帰りは山登り客で混み合い熱気ムンムンな車内。
しっかり空調が効いていて助かった。



駒ヶ根バスターミナルから高速バスへ乗り換える乗客が多く、
5分ほど遅れて駒ヶ根駅に到着。
ほら、
今度は予定していた電車が行っちゃったよ。
勝手知ったる駅前のスーパーマーケット。
再びアルコール類を購入し駄弁る。


電車で伊那へ戻り、
土日は16時から開いている『牛角 伊那店』さんへ行き2次会。
その後入舟は『はーでる』さんにてありんさと奥さまーとチョロっと飲んでから帰宅した。



いやあ、
今年もよく飲んだ。
そして楽しかった。
来年はどうかなあ。
各々の生活環境が変わっていなければまたどうですか?




■「南信州ビール 味わい工房」(ブログ内検索)





.
スポンサーサイト
酒場(駒ヶ根市) | Comments(0) | Trackback(0)
2018/07/16

駒ヶ根市 『南信州ビール 直営レストラン 味わい工房』






住所:長野県駒ヶ根市赤穂759-447
電話:0265-81-7722
営業時間: ランチタイム 11時30分~15時30分(15時L.O)
ディナータイム 17時~21時(20時L.O)
月曜日はランチタイムのみ営業(祝日を除く)
定休日:木曜日(ハイシーズンは除く)

南信州ビール 味わい工房(HP)





毎年6月後半から7月上旬まで開催されている『南信州ビール 味わい工房』さんの「ありがとう祭」。
今年も無事開催すると知り、
伊那町のお店の中の人ら&お友達の計7名で伊那市から公共交通機関を用いて突撃した。


乗る予定だった電車が下りの遅延により駒ヶ根着が予定より5分遅れ、
結果、
乗ろうと思っていたバスに乗れなかった。
次のバスまで30分。
しょうがない、
駅前のスーパーマーケットで各々好いたお酒を買って駅前の円状に配置されたベンチで喉を潤そう。
大学生みたいだな。



2018.7.8 味わい工房

ガラッガラのバスに乗り、
無事にお店へ到着。
最終日のお昼すぎだったから混んでいるかと思いきや全然。
早速全ビール大グラス¥680→¥340(税込)の恩恵を受けることにする。
「ゴールデンエール」から。


2018.7.8 味わい工房

直ぐにグラスが空くので「アンバーエール」へ。



「フライドポテト」(¥430)
2018.7.8 味わい工房

スライスされたおじゃが。
厚切りでバリッバリで美味しい。


「フィッシュ&チップス(モルトビネガー付き)」(¥800)
2018.7.8 味わい工房

白身魚のフライとフライドポテト。
肝はやはりモルトビネガー。
ダッバダバ掛けるのが好き。


「アルプスサーモンの燻製」(¥1,000)
2018.7.8 味わい工房

脂が強くなく美味しいサーモン。



2018.7.8 味わい工房

スライスレモンが浮かんだ「アルプスヴァイツェン」。
やや重いテイストだけどレモンのお陰でスイスイと。



「とろとろ根羽和牛のビール煮込み」(¥2,800)
2018.7.8 味わい工房

誰だ、
こんなクソ高いモノを頼んだのは。
美味しかったから許すけど。
期間限定・数量限定メニュー。
ホロッと解ける肉質、
時間が経つと高級なコンビーフのような食感に変化。



2018.7.8 味わい工房

〆は「デュンケルヴァイツェン」。
コクの強さが喉に来る。
奥さまーが隣でコクンコクンしている中、
皆と駄弁りながらタルく飲んだ。



いやあ、
今年も満喫した。
4人以上で来ると食事の品数が多くなって良いね。
しっかり飲んで1人¥2,000位だったそうな。
良いね。



2018.7.8 味わい工房

バスの時間にまだ時間があったのでこまくさ橋を渡って太田切川で少し涼んで下山。
やっぱし乗客は誰も居ない。



2018.7.8 味わい工房

駒ヶ根駅前にも人影がない。
寂しい。
だから電車に乗って伊那町へ戻り、
少しだけ反省会をした。





■「南信州ビール 味わい工房」(ブログ内検索)





.
酒場(駒ヶ根市) | Comments(2) | Trackback(0)
2017/07/16

駒ヶ根市 『南信州ビール 直営レストラン 味わい工房』






住所:長野県駒ヶ根市赤穂759-447
電話:0265-81-7722
営業時間: ランチタイム 11時30分~15時30分(15時L.O)
ディナータイム 17時~21時(20時L.O)
月曜日はランチタイムのみ営業(祝日を除く)
定休日:木曜日(ハイシーズンは除く)

南信州ビール 味わい工房(HP)





2017.7.8 味わい工房

伊那市から40分ほど掛けて電車とバスを乗り継いでやってきた。
去年は来ることができなかった「ありがとう祭」。
何で来れなかったのか覚えてないけど、
多分忙しかったのであろう。
今回も全種のビールを制覇しちゃうもんね。



「ゴールデンエール 大グラス」(¥680→¥340)
2017.7.8 味わい工房

辛抱堪らず画を撮る前にグイグイとやってしまった。
ホップの香りが強え。
汎用ビールの様に飲んでしまったからガツンと来る。
胃に滲みた。



「ソーセージ5種盛り合わせ」(¥1,540)
2017.7.8 味わい工房

4人居れば頼めるぜい。
左から鹿・絹引き・チョリソー・粗挽きスモーク・粗挽きガーリックの5種類。
鹿ソーセージが臭みがなく、
肉肉しく味も強くてコチラのビールに良く合った。
添えられたザワークラウトがまた美味しくてね。
あっという間に1杯目を飲み干したので同じものをお替わりした。


「えびとブロッコリーのサラダ」(¥700)
2017.7.8 味わい工房

大振りにカットされたブロッコリーがゴロゴロ。
その分えびの印象は薄い。
黒ごまドレッシングをお願いしたんだけどこれがめちゃんこ美味しい。
味も濃すぎず実に良い塩梅。
きっと下のお土産物屋の何処かにあるだろうと安易に考えていたけど無かった。
お店オリジナルっぽい。



2017.7.8 味わい工房

喉も乾いていたし、
お腹もペコペコだったのでガンガン進む。



「フィッシュ&チップス」(¥800)
2017.7.8 味わい工房

サックリ揚がったタラとパリッと揚がった厚めのチップス。
相変わらず美味しい。
そして漏れずに付いてくるモルトビネガーを軽く振り掛けると更に捗る。
異常値だ。


「アンバーエール 大グラス」(¥680→¥340)
2017.7.8 味わい工房

琥珀色したこの子が一番好み。
ずっと飲んでいられそうなビール。


「デュンケルヴァイツェン 小グラス」(¥500→¥250)
2017.7.8 味わい工房

ちょっと小休止。
濃ゆいコイツは後半タルく飲みたいね。
勢いに任せて飲んでいたから結構酔ってきていた。



2017.7.8 味わい工房

全部飲まないと分かりません。



「アルプスヴァイツェン 大グラス」(¥680→¥340)
2017.7.8 味わい工房

夏だけのお楽しみ。
酵母バチコン。
レモンを絞り入れると酸味が酵母を穏やかにさせる魔法ビール。
高原なビール。



2017.7.8 味わい工房

3回もおトイレに行っちゃった。



「アップルホップ グラス」(¥400→¥200)
2017.7.8 味わい工房

やはり〆にはこのビール。
甘くないリンゴジュース。
ビールだけど。




2017.7.8 味わい工房

今年もよく飲んだ。
ただ年々ビールを沢山飲めなくなって来ているのを実感するイベントでもある。

気が付けば15時を過ぎていた。
ほいではお暇して少しばかりブラつくことにした。




■「味わい工房」(ブログ内検索)




.
酒場(駒ヶ根市) | Comments(0) | Trackback(0)
2015/08/19

駒ヶ根市 『味香月』






住所:長野県駒ヶ根市中央3-5
電話:0265-83-0095
営業時間:16:00~23:00
定休日:月曜日




味わい工房』でしっかりと地ビールを堪能し、
下界へ移動。


1時間に1本しか走っていない電車。
16時、
駒ヶ根駅前。
そう言えばあのお店は16時からやってるって聞いたなあ。
どうせ待つなら飲みながら待とう。


2015.6.27 味香月

当然のことながらお客さんはいない。
店主さんもちょっとびっくりしてたもの。
お世話になります。



2015.6.27 味香月

何を飲もうかなあ。
伊那まで移動しなきゃだし軽い感じのが良いなあ。


「レモンハイ」、「ウーロンハイ」(各¥450)
2015.6.27 味香月

さっぱり。
胃が落ち着きます。


2015.6.27 味香月

串物以外も充実。
お腹はそこそこ良い感じなので軽く軽く、
ジャブ・ジャブ。


「漬け物盛り合わせ」(¥400)
2015.6.27 味香月

盛り合わせにキムチって珍しいよね?
この位の量がちょうど良い。


「ナス焼き」(¥500)
2015.6.27 味香月

ナス大好きっ子としましてはどうしたって頼んでしまう。
クタッとしたナスの身に染み入るお醤油。
かつお節から感じる出汁感が更に旨味を増す。
おろし生姜でビシッと!、
できませんでしたー。
そう、
得意ではない業務用のソレでしたので。


「なんこつ(ひざ)」、「とりかわ」、「シロモツ」(各¥120/本)
2015.6.27 味香月

問題なく美味しい串物。
できたら「とりかわ」はバリっとしてたらなあ。
こういうのって注文した時に頼めるのかなあ?
串物は割りとしっかり目に焼いたのが好みです。



本当は16時21分発の電車があった。
余裕でそれに乗れたんだ。
全部知ってた。
その上で駒ヶ根で飲んだ。
後悔はしていない。
してると言えば17時21分の電車にも乗らず、
18時5分発の電車に乗って伊那へ戻ったことかな?



2015.6.27 味香月






.
酒場(駒ヶ根市) | Comments(0) | Trackback(0)
2015/07/01

駒ヶ根市 『南信州ビール 直営レストラン 味わい工房』







住所:長野県駒ヶ根市赤穂759-447
電話:0265-81-7722
営業時間: ランチタイム 11時30分~15時30分(15時L.O)
ディナータイム 17時~21時(20時L.O)
月曜日はランチタイムのみ営業(祝日を除く)
定休日:木曜日(ハイシーズンは除く)

南信州ビール 味わい工房(HP)





6月に入って毎日のようにお店のサイトをチェックしていた。
やっとこさ待ちに待った情報「19周年 日頃のご愛顧に感謝してありがとう祭」が公開された。
早速ぱどぅまさんに連絡。
6月26日~7月8日の中で都合の良い日をチョイス。
あとはその日を待つだけ。



2015.6.27 味わい工房

曇天な土曜日。
でもさ、
雨さえ降らなきゃ良し。
奥さまーの運転する車に乗り、
到着。
12時前に入店。
やったんぞおら。



店内は2組ほどのお客さんのみ。
案内されたテーブル席は去年と全く同じ場所。
3人でニヤリとした。


2015.6.27 味わい工房

メニューを開いてまたニヤリ。
上から順に攻めようぜ?



2015.6.27 味わい工房

館内にデデーンっと「ありがとう祭」の案内が出されてないからなのか本当に静か。
館内だけじゃなくて、
ほとんど広告を打ってないんじゃないかなあ。
やはり半額イベントは相当な痛手なんだなあ。



「ゴールデンエール 大グラス」(¥680→¥340)
2015.6.27 味わい工房

ホップの香り満載。
あー、
これだわ。
1年ぶりに飲んだ。
じんわりと胃に沁み渡るのを感じた。


「ポテトサラダ」(¥500)
2015.6.27 味わい工房

ちょうど3つに分けられてた。
このポテサラ、
完全に衣を付ける前のコロッケだ。
程よくマッシュされたジャガイモとひき肉に塩コショウした味付け。
あんまし得意ではないマヨネーズは一切入ってなかった。
これはこれで良い。
なるほどなあ。


「国産牛すじBeer 味噌煮込み」(¥320)
2015.6.27 味わい工房

いつも頼んじゃうんだよね。
だって美味しいんだもの。
プルッとした牛すじと味噌、
考えただけでゾクゾクしませんか?


「厚切りチップス」(¥430)
2015.6.27 味わい工房

フィッシュ&チップスとうんと少し迷ったけど軽い方にした。
こんくらい厚いと食べごたえもある。
ザクッとした食感が堪らんス。
あー、
モルトビネガーだけ出してもらえば良かったなあ。


「アンバーエール 大グラス」(¥680→¥340)
2015.6.27 味わい工房

南信州ビールの中でワシが一番好きなビール。
嘘かも。
カラメルテイストが適度に喉を刺激するのが好き。
あと、
どんな食べ物にも合う気がするな。
嘘かも。


「ソーセージときのこのピッツァ トマトソース」(¥1,520)
2015.6.27 味わい工房

折角来たんだからピザも頼んじゃおうと奥さまーチョイスでオーダー。
ワシ、
ここで初めてピザ食べるかも。
30㎝だもの、
人数居ないとなかなかどうして。
クリスピー生地がビールを美味しくさせてくれる。
思いの外軽いピザで食べきった。


「デュンケルヴァイツェン 小グラス」(¥500→¥250)
2015.6.27 味わい工房

濃ゆいの来た。
この日はそんなにデュンケル気分じゃなかったので小グラスで。
ガツンと来ますなあ。
チビチビやるのには小グラスで良かったのかも。
酔いも回ってきてカメラを構えるのが面倒臭くなってきてるのがわかる画像。
以下続きます。


「野沢菜漬け」(¥260)
2015.6.27 味わい工房

至って普通な飲食店で出てくるお葉漬け。
安心の味。


「アルプスヴァイツェン 小グラス」(¥500→¥250)
2015.6.27 味わい工房

今年も飲んじゃう季節限定ビール。
酵母だねえ。
もう、
酵母。
レモンが酵母を包んでくれて飲みやすく仕上がっています。
ギューッと飲るとダメだよ?


「ガーリックトースト ビール麦芽入バゲット使用」(¥280)
2015.6.27 味わい工房

ひとつ¥90弱。
高いな、
おい。
当然美味しかったよ?
残った味噌煮込みを乗っけたら泣けたよ?
にしても高い。


2015.6.27 味わい工房

気が付けば15時になるところ。
ラストオーダーを取りに来たので最後に各々飲みたいビールをチョイス。


「アップルホップ グラス」(¥400→¥200)
2015.6.27 味わい工房

この子の存在をすっかり忘れていました。
危うく飲み逃すところだった。
ほのかに香るりんご。
遠くで甘みを感じる。
デザートに最適。
忘れててよかった。



なんだかんだ言って3時間以上居座ってしまった。
店内も気付けばそこそこお客さんが入れ替わり立ち代り入ってた。
でも、
これを目当てに来ているお客さんはどれくらい居たんだろう?



これで4年連続で半額ビールを堪能できた。
来年のことはその時考えよう。
でもさ、
来年は20周年だからどデカい企画が催されることを熱く期待しております。


では、
下界へ降ります。



■「味わい工房」(ブログ内検索)




.
酒場(駒ヶ根市) | Comments(0) | Trackback(0)
2014/07/09

駒ヶ根市 『南信州ビール 直営レストラン 味わい工房』





住所:長野県駒ヶ根市赤穂759-447
電話:0265-81-7722
営業時間: ランチタイム 11時30分~15時30分(15時L.O)、ディナータイム 17時~21時(20時L.O)
       月曜日はランチタイムのみ営業(祝日を除く)
定休日:木曜日(ハイシーズンは除く)

南信州ビール 味わい工房(HP)




カメラロール-4227

今年も懲りもせず「ありがとう祭」に参戦。
これで3年連続かな?
今年はぱどぅまさんも一緒に。
奥さまーのPCの不具合を直してもらったお礼を兼ねて。


2014.7.5 味わい工房

上から攻めていくかな。


「ゴールデンエール(大)」(¥680の半額)
2014.7.5 味わい工房

18周年、
おめでとうございます。
半額、
ありがとう。
飲みやすい。
直ぐになくなった。


「新鮮野菜サラダ」(¥700)
カメラロール-4228

ここらへんはね、
美味しくないわけがない。
ただ値段が高い。


「フィッシュ&チップス」(¥800)
カメラロール-4226

必ず頼む品。
モルトビネガーを掛けまくっていただくソレはパラダイス。
ただチップスはナチュラルカットの方が好み。
チップスって言ってるんだからそういうことなのかもしれない。


2014.7.5 味わい工房


カメラロール-4225

牛すじのビール煮込み的なやつ。
¥320だったかな?
牛すじと大根に味が沁み込みまくって。
量もちょうどよかった。


「アンバーエール(大)」(¥680の半額)
2014.7.5 味わい工房

ワシはこれが好き。
コクも苦味も絶妙。


「デュンケルヴァイツェン(大)」(¥680の半額)
2014.7.5 味わい工房

見ての通りとっても濃ゆい。
喉にズシーンと来る感じ。
たくさんは飲めないな。


2014.7.5 味わい工房


「アップルホップ」(¥400の半額)
2014.7.5 味わい工房

ふんわりとりんごの香り。
飲んでもりんご。
でも甘くない。
爽やか。
デザートっぽいかな。


「和風海藻サラダ 本山葵ドレッシング」(¥750)
2014.7.5 味わい工房

山葵が効いていてチョイとピリ辛。
やっぱし高い。


「アルプスヴァイツェン」(¥340の半額)
2014.7.5 味わい工房

ホール担当のお兄さんが勧めてくれたビール。
いつ飲んでもコレは本当に美味しい。
途中でレモンを絞って飲むと風味が変わってそれもまた美味しい。
しっかりすっかり堪能しました。



今年は6月20日から7月9日まで開催。
もう日がないです。
毎年SHOW-VOWの関係で駆け込みでの参戦ばかり。
もう少しゆとりを持って行動したい。
思うばかりですけど。




■「味わい工房」(ブログ内検索)
.
酒場(駒ヶ根市) | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |