2017/07/09

伊那市 『焼肉・中華 竜門』






住所: 長野県伊那市中央4958
電話:0265-78-7151
営業時間:11時~14時、16時~21時
定休日:火曜日




約半年ぶりかな。
猛烈にソースかつ丼欲が強すぎて悶ていた。
ちょうどお店の近くを社用車で走っていたので緊急ピットイン。
よろしくお願いします。



2017.5.25 竜門

13時を回っていたこともあって店内は一組のお姉様方のみ。
あんまし居ないのも寂しい。


2017.5.25 竜門

いつもの梅ちゃん。



「ソースかつ丼 大盛り」(税込¥1,050)
2017.5.25 竜門

あまりにお腹が空きすぎてご飯大盛りで頼んでしまったらラーメンどんぶりに盛り付けられて登場。
平日のサービスなのかデフォルトなのか「本日の定食」じゃないのに小菜とデザートが付いていた。

2017.5.25 竜門

脂身少なめのロース肉。
しつこくなく比較的アッサリスッキリ目のソースがかつにもキャベ千にも滲み渡り、
上がる推進力。
とは言え大盛りにしてしまったので後半かなりきつかった。

2017.5.25 竜門

「足りなかったらどうぞ。」と出された追いソースの助けを借りて何とか完食。
このソース欲しい。



2017.5.25 竜門

ランチタイムはドリンクも付く。
冷コーと迷ったけれど烏龍茶にした
満腹感よ治まれ、
と念じながらゆっくりとドリンコした。



やはりここのソースかつ丼が好み。
『しらかば』さんも然り。
2つもあれば充分であろう。




■「伊那市 竜門」(ブログ内検索)




.
スポンサーサイト
中華・台湾料理(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/25

伊那市 『焼肉・中華 竜門』






住所: 長野県伊那市中央4958
電話:0265-78-7151
営業時間:11時~14時、16時~21時
定休日:火曜日




ド年末。
公私共にお世話になっているお友達とランチ・ミーティング。
アクセスの良いコチラのお店にした。



2016.12.26 竜門

甘く漬けられた梅をポリポリ。
近況報告に終始した。



「炒飯」(¥750)+「大盛り」(¥200)
2016.12.26 竜門

この数ヶ月、
ずーっとお店の炒飯を欲していた。
なかなか食べるタイミングがなかったけど、
年の瀬に来てようやく念願叶った。
程よくしっとり、
程よくパラっとタイプ。
濃すぎない味だから飽きが来ない。
求めていた町の中華料理屋さんのソレだった。

2016.12.26 竜門

炒飯に漏れなく付いてきたスープ。
可もなく不可もなく、
至ってド・ノーマルなものだった。



「野菜坦々ラーメン」(¥880)
2016.12.26 竜門

お友達が頼んだ品。
味はどうだったんだろうか?
きっとアレだったのだろう。



ワシが一方的に喋り倒した記憶しかない。
お互い以前に比べて時間が取れなくなってきてるなあ。
近々夜にでもゆっくり飲みたいと思っていますんでどうぞ?




■「伊那市 竜門」(ブログ内検索)




.
中華・台湾料理(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2016/11/02

伊那市 『焼肉・中華 竜門』






住所: 長野県伊那市中央4958
電話:0265-78-7151
営業時間:11時~14時、16時~21時
定休日:火曜日




何とかお昼ごはんを食べる時間を得た。
タイミングよくお店の近くを通ったので迷わず入った。


2016.7.15 竜門

「本日の昼定食」のラインナップ。
あ、
もう決まった。


2016.7.15 竜門

ちゃちゃっと注文して梅ちゃんポリポリ。


2016.7.15 竜門

昼定食を頼むとソフトドリンクが漏れなく付いてくる。
ウーロン茶をお願いした。



2016.7.15 竜門

本当に久しぶりにゆっくりとした平日ランチ。
細々とした仕事ばかりで忙しすぎるんだよ。



「酢豚定食」(¥850)
2016.7.15 竜門

う、
うどん!?
ホワイトボードをよく見たら「冷しうどん付」って書かれてたわ。
いやあ、
結構な量だぞおい。

2016.7.15 竜門

酸味がバチコン効いた好みの味の餡を多めに纏った各食材たち。
さぞや喜んでおることだろう。
豚さんのお肉は少なめだけど、
野菜の火の通り方が抜群でシャキシャキ食感。

2016.7.15 竜門

ほんのり温いうどんに細かくカットされたトマト・キュウリ・ナス・大葉がバラバラっと散りばめられてた。
濃すぎないつゆと絡めて酢豚の合間にスルスルすする。
ここでゆで卵とは恐れ入りました。


2016.7.15 竜門

毎度お馴染みの3種の小菜。
牛肉の時雨煮が上手いこと炊かれていて美味。
ご飯のお供、
好きよ。



いやあ、
時間を掛けてゆっくりじっくりいただいたお陰で満足感がパない。
食後はテレビを見ながらウーロン茶をゴクリ。
平日のランチタイムは子供や若い人は殆どおらず、
お兄さんサラリーマンやお年を召したご夫婦が皆ゆっくりとランチを楽しんでいる。
この雰囲気、
良いなあ。




■「伊那市 竜門」(ブログ内検索)




.
中華・台湾料理(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2015/05/10

伊那市 『台湾料理 昇龍軒』






住所 : 長野県伊那市中央5217−2
営業時間 : 11時30分~14時30分、17時~0時
定休日 : 第3水曜(祝日の場合営業)
電話番号 : 0265-76-3919




1年以上振りに入った。
相変わらず広々とした店内にはまばらにお客さんがいた。
この緩い感じ、
嫌いではない。


2015.3.29 昇龍軒

テーブル席に陣取り、
冷水をクピリ。
さーて、
何にしようかなあ。


2015.3.29 昇龍軒

お高めゾーン。


2015.3.29 昇龍軒

お得ゾーン。


2015.3.29 昇龍軒

鑑賞。



「お好きな飯と麺セット(麻婆飯+特台ラーメン)」(¥680)
2015.3.29 昇龍軒

炭水化物の共演。
身体に良くないことをしているという気持ちが堪らない。

2015.3.29 昇龍軒

ご飯が見えません。
麻婆豆腐はやっぱし前回同様優しい味で絡みもグッと抑えられている。
そういうのを求めていないのです。
刺激が欲しい。

2015.3.29 昇龍軒

期待値が高かった激辛口のこのラーメンも”激”でもなく。
そしてミンチ状の肉が何だか怪しい。
モソモソするっていうか肉感がない。
当然麻婆豆腐に入っている肉も同じ食感。
やはり安いのには訳があるの?



「お好きな飯と麺セット(回鍋飯+豚骨台湾ラーメン)」(¥680)
2015.3.29 昇龍軒

奥さまーチョイスの品。
コチラのラーメンにもあの肉が・・・。

2015.3.29 昇龍軒

回鍋肉も甘みが強くパンチが感じられなかった。
っていうか、
回鍋肉自体そんなに食べたことがないからわからない。
こういうものかもしれないし。



格安でお腹いっぱいにするならオススメ。
この系統のお店って「飯+麺」の組み合わせランチを必ずやっているんだけど、
どこも似たり寄ったりなんだよなあ。
味も見た目も。
やはり飯はチャーハン、麺は塩辺りを選ぶのが吉かも。



2015.3.29 昇龍軒

2015.3.29 昇龍軒

一度刀削麺系を攻めてみたいね。
ってか、
本当に注文が入ってからお店で削ってるのかしら?
どうしたって疑ってしまう脳。




■「伊那市 昇龍軒」(ブログ内検索)



.
中華・台湾料理(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2014/08/15

伊那市 『バーミヤン 伊那日影店』






住所:長野県伊那市伊那部440-1
電話:0265-71-8115
営業時間:9時~26時
定休日:無休




いつ行ったのかなんて覚えていない。
もう5年近くは経っていると思われる。
久々に行ってみようかと、
日曜日のお昼すぎに入店。

結構混んでいるのね。
騒がしいかなと思ってたけどそんなことはなかった。
チャチャっとオーダーして待機。


「麻辣担々麺」(¥649)
2014.6.29 バーミヤン

メニューに辛い炎のマークが3つも付いてた。
ちょっと辛いくらいで期待はずれだった。
そしてコクがないスープだった。

2014.6.29 バーミヤン

麺は中太ストレート。
これもまたどうなのか。
一体感がないような。
好みからは大きく外れてた。


「たっぷり野菜炒め」(¥499)+「ごはん」(¥189)
2014.6.29 バーミヤン

奥さまーの頼んだ品。
まんま野菜炒め。


「本格焼餃子 5個」(¥199)
2014.6.29 バーミヤン

餃子、
美味しいね。
んでもって、
安いね。
初めてバーミヤンで餃子を食べたかもしれないし、
嘘かもしれない。


トータルで考えるとそんなに安いこともなく、
満足度は低め。
やはり長らく足が向かなかった理由が何となく分かった気がする。




.
中華・台湾料理(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2014/07/26

伊那市 『料理茶屋 にざえもん』






住所:長野県伊那市山寺1921-3
電話:0265-76-7331
営業時間:17時30分~1時
定休日:?




『CONC CAFE』さんで開催されたDJイベントの初回
19時に入店するも若者たちの勢いに負けて少し頭を冷やしに外出。
『麺屋 竹』に行くも、
開店前だったし店主チクソンくんの具合が良くなさそうだったのでお土産だけ渡して店を出た。
さてどうしようか。
と思ってたところにこのお店の前を通ったのでガラリと戸を開け空いているか確認。
お客さんに詰めてもらって何とか座れた。


「ハイボール」(¥400)+「お通し」
2014.5.23 にざえもん

しっかり手作りのお通しが嬉しい。
そして美味しい。


2014.5.23 にざえもん

さぁて、
何にすっかね。
到底大将1人でやっていると思えないメニューのランナップ。
そしてその内容が渋い。


2014.5.23 にざえもん

このお店のメインと言ったらおでん。
でもねでもね、
何種類か食べたはずなんだけど画が残ってないの。
撮ってなかったんだね。
やるね。


「たこ刺」(¥500)
2014.5.23 にざえもん

奥さまーがどうしても食べたいということでお願いした。
茹で加減がバッチシで柔らか仕上げ。
臭みもなし。


「じゃこみょうが」(¥400)
2014.5.23 にざえもん

細かく刻んだみょうがに鰹節とじゃこがモッサーリ。
じゃこの塩気とみょうがのシャリショリ食感が抜群の品。
杯が進むことこの上なし。


「こまい丸干し」(¥500)
2014.5.23 にざえもん

氷の下の魚と書くのよね、
こまい。
これは幼き頃からとてもよく食べていた。
ばーちゃんが好きで、
晩酌時によくツマミとして食べてた。
ばーちゃんがね。
ワシはそれをちょくちょくお裾分けしてもらって。
それ以降ワシも好きでお店にあるとつい頼んじゃう。
薄めの塩加減でこれもまた杯がね。



小一時間堪能したところで『CONC CAFE』オーナーよりメインイベントが始まるよ、と連絡が来たので会計。
安くて美味しくてゆっくりできるナイスなお店。
今度は〆も食べてみたい。
気になってるのはおでんのつゆを使った〆たち。
間違いなさそうだものほんとだヨー





.

中華・台湾料理(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |