2017/06/20

長野県 下伊那郡 高森町 『肉そば こまつ家』






住所:長野県下伊那郡高森町下市田513
電話:0265-53-5028
営業時間: 11時~14時、17時30分~21時
定休日:火曜日




飯田方面へお仕事しに行った。
ってなると高森町を通ることになる、
ってなると肉そばだよ。
約1ヶ月ぶりに伺った。



2017.6.2 こまつ家

入店したのが13時過ぎ。
困ったことにお客さんが誰もいない。
ノーゲス。
好きなお席へどうぞ、
とのことなんでテーブル席を使わせていただいた。



「温かい鶏そば 中(350g)」(¥750)+「磯辺揚げ!ちくわ天」(¥150)
2017.6.2 こまつ家

ワシしかいなかったので早くに登場。
相変わらず圧倒的なボリュウム。

2017.6.2 こまつ家

温かいつけ汁に大振りにカットされた鶏もも肉が3個。
見た目は良いけどお蕎麦と一緒に食べようとすると結構難儀。
もう少し小さくカットしていただけると食べやすいかと。
あとつけ汁に鶏感がほとんどなかったので鶏油なんぞを少し加えてみたらどうかと、
素人ながらに思った次第で。

2017.6.2 こまつ家

太く角張った蕎麦は冷水で締められグワシグワシと強いコシでこの日もお口の周りを大暴れ。
よく噛んで食べると香りが立って更に良い。
但し満腹中枢が刺激されて中盛でもお腹いっぱいになるよ?

2017.6.2 こまつ家

ちくわ天は¥150と良い値段がするなあと思ったけど、
青海苔ふんわり香る天ぷらは半分に切られたものでなくてちくわ1本丸ごと使っていた。
食べ応えあり。

2017.6.2 こまつ家

卓上には新たにラー油的な物が用意されていた。
中にはかなりの量のニンニク。
グリグリと混ぜるもニンニクがザクザクお目見えしちゃって、
まるで食べるラー油。
少しつけ汁に投入した。
ニンニクパンチがガツンと効いた。
辛味マシはほとんどなし。
底に沈んでいた唐辛子部を混ぜきれなかったのが原因と思われ。
次回確認しようそうしよう。


2017.6.2 こまつ家

蕎麦を食べ終わったら保温ジャーの中でトロみまくりの蕎麦湯が手ぐすね引いて待っている。
ジャー横に置かれた魚粉を少し入れると吉。
この日のランチをプレイバックしながらゆっくりといただいた。


そうこうしている内に1人、
また1人、
更に1組とお客さんが入ってきて7割方埋まっていた。
お昼時は3回転はしているな、
この感じは。



お会計を済ませて外に出ると心地よい風が吹いて蕎麦湯でポッポとした身体が落ち着いた。
満たされたお腹を抱えて山奥へ納品へ行ったさー。





こまつ家」(ブログ内検索)





.
スポンサーサイト
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(高森町) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/11

伊那市 『丸亀製麺 伊那店』






住所:長野県伊那市山寺263-1
電話:0265-76-2988
営業時間:11時~22時
定休日:なし

丸亀製麺(HP)




国際電網ニュースで6月6・7・8日の3日間限定18時から”夜なきうどん”と銘打って「牛とろ玉うどん」(¥690)が半額になると知った。
一度食べてみたかった商品だし、
半額だしということで最終日に奥さまーにお願いして連れて行ってもらった。



2017.6.8 丸亀製麺

目当てはコイツ。

2017.6.8 丸亀製麺

牛とじ丼なる品もある。
2年近く来てなかったから知らんかった。

2017.6.8 丸亀製麺

親子丼もあるの?
特盛りなんてのもあるの?
2年近く来てなかったから知らんかった。

2017.6.8 丸亀製麺

「牛とろ玉うどん 大(冷)」をお願いするとうどん・出汁・とろろ・温泉たまごを入れた丼を渡され、
トッピングゾーンを抜けたところにIHコンロがあり、
そこで調理されたお肉ちゃんを受け取るというシステム。
2年近く来てなかったから知らんかった。



「牛とろ玉うどん 大(冷)」(¥790→¥390)
2017.6.8 丸亀製麺

ゴチャっとした見た目。
下からうどんを引っ張り出す。
あれ?
色が白くなく不思議な色。
コシはまあある。
小麦の香りはない。
ツルツルはしていた。
冷を頼んだのに温い。
甘辛い味付けが良いのか悪いのか良くわからない。
とろろも温泉たまごも汁に溶けちゃってアレ。
見た目同様ゴチャゴチャした味だった。

「海鮮かき揚げ」(¥190)
2017.6.8 丸亀製麺

どうして取ってしまったのだろう。
あまりの大きさに驚き、
食べてみておののいた。
下部は野菜かき揚げ、
上部はイカ・あさり(多分)・青海苔が入ったかき揚げ。
分かっていたことだけど重い。
胃に来る。



2017.6.8 丸亀製麺

18時30分頃行ったら、
駐車場は満車に近く、
店内もほぼ満席状態。
入口近くの席で食べた。
入ってくるお客さんの注文を聞いていたら9割5分方が「牛とろ玉うどん」を頼んでいた。
「かけうどん」を頼む老夫婦がいたくらい。
毎日これだけ盛ると良いんだろうけど、
現実はそうはいかない。


次は安パイな「明太釜玉うどん」にしよう。




.
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/04/29

長野県 下伊那郡 高森町 『肉そば こまつ家』





住所:長野県下伊那郡高森町下市田513
電話:0265-53-5028
営業時間: 11時~14時、17時30分~21時
定休日:火曜日




ひと月ほど前、
R153を南下し飯田へ向かっている途中に「肉そば こまつ家 4月14日OPEN」という看板を目にした。
肉そば?
太めのお蕎麦をラー油ベースのつけ汁でいただくアレ?
当然のことながら食べたことなんてございません。
少し間を置いてから用足しのついでに伺ってみた。



2017.4.28 こまつ屋

下市田駅からさほど離れていないR153脇に看板と幟が立っていたので直ぐに分かった。
R153から細い路地に入り少し行くと広い駐車場とその奥にお店らしき建物が見えた。


2017.4.28 こまつ屋

入口は間口が広く、
中に入ると手前にテーブル席、
左手にカウンター席、
奥に小上がり席と開放感のある間取り。
13時過ぎだってのでさほど混み合ってなく、
空いていた4人がけのテーブル席を使わせていただいた。



2017.4.28 こまつ屋

さあて、
何にしようかなあ。

2017.4.28 こまつ屋

惹かれるトッピング群。
”BP”とはブラックペッパーのことだと厨房の方から聞こえた。

2017.4.28 こまつ屋

ぬぬぬ。
アルコール類が意外と充実している。
夜の部になると近所の皆さんが来るに違いない。
ずるい。

伺う前に事前情報を集めておいたのでパッとオーダーした。


2017.4.28 こまつ屋

冷水と蕎麦茶はセルフサービス。
これからの季節、
晴れの日は気持ちのよい風が店内を吹き抜けて気持ちが良いねえ。
蕎麦茶で喉を潤した。



「冷たいとろろ肉そば 中(350g)」(¥850)+「かきあげ」(¥100)
2017.4.28 こまつ屋

ふへえ。
刻み海苔の量が半端ない。
鼻息で少し舞った。

2017.4.28 こまつ屋

つけ汁にはラー油の赤みがかった膜が張り、
とろろちゃんはウネンっとしていた。

2017.4.28 こまつ屋

大量の刻み海苔によってほとんど下が見えない。

2017.4.28 こまつ屋

刻み海苔山。
海苔好きには堪らない。

2017.4.28 こまつ屋

海苔山を崩すと牛さんのお肉とネギが登場。
つーかゴマの量も物凄いなあ。

2017.4.28 こまつ屋

具材の森を抜け、
ようやく真打ち登場。
機械打ちの真打ちは想像以上に太く、
そしてしっかりと角ばっていた。
まずはそのままスルリ。
仄かに遠くで蕎麦を感じた。
コシが強く、
食べ応えのある蕎麦。
つけ汁にくぐらせ啜るとブルンブリンと腰をくねらせ唇近辺を汁を飛ばし、
ソフトスパンキングしながら入ってきた。
ほほほ、
これ、
楽しいね美味しいね。
つけ汁の辛味は強すぎることなく、
食べた後に甘みが残った。
豚さんやらネギくんと共にいただくとジャンキーさが加わり、
野郎が大好きなテイストになった。

2017.4.28 こまつ屋

かき揚げは玉ねぎとニンジン、
あとネギの青い部分だったかな?
揚げたてでネギ陣の甘みがお蕎麦に合ってこれもまた良い。

2017.4.28 こまつ屋

後半はこちらの無料の生卵をつけ汁に割り入れ混ぜ混ぜ。
辛味はなくなり、
マッタリとしたコクが加わって一気に食べ終えてしまった。


2017.4.28 こまつ屋

古くから花農家をされ、
さらに柿も作り、
更にはお蕎麦も育てていたという流れでこのお店を始めたそうな。
窓から望める庭にはキレイな花が咲き誇っているわけだ。
心地よい風と咲き誇るお花を感じながら最後のアレを。
そう、
蕎麦湯。
コチラもセルフサービス。
保温ポットを開けるとドロンっとした蕎麦湯が目に入りズキュン。
レードルで掬うと更にそのトロみ加減を重さで感じることができた。
席へ戻り、
この日のお昼ごはんは大当たりだったなあと思いながらトロみまくった蕎麦湯で〆た。



お昼は14時までやっているし、
ちょくちょく通る場所だし
R153のそばだし、
出てくるのも蕎麦だしでまた直ぐに舞い戻ってこようと思う。





.
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(高森町) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/04/18

伊那市 『高遠そば 入野家』







住所:長野県伊那市高遠町西高遠1632
電話:0265-94-2018
営業時間:11時~14時、17時~18時30分
定休日:不定休

高遠そば 入野家(HP)




お友達と高遠だるま市へ出掛け、
お腹が空いたのでお蕎麦を食べることにした。



2017.2.11 入野家

11時30分よりも前だったからなのか、
1組だけの先客。
良き雰囲気。


2017.2.11 入野家

席に着くとお茶とお茶請けなのか箸休めなのか凍み豆腐とお漬物が混載された小皿が出てきた。
嬉しい。


2017.2.11 入野家

焼味噌系蕎麦は苦手。
なので直ぐに決まった。

2017.2.11 入野家

真面目な我々は飲まなかった。


2017.2.11 入野家

100円、
くすぐってきやがる。



「とろろざる」(¥1,000)
2017.2.11 入野家

2017.2.11 入野家

5分もしない内に登場。
見た目は正統派な蕎麦。
山芋は長野県産の物を使ってるって。

2017.2.11 入野家

角張った蕎麦は強すぎず好きなタイプのコシ。
そして噛むほどに口腔内に香る風味。
これ美味しいねえ。
つゆはお醤油とかつおだしがキリッと引き立ち、
甘さはほんのり。
とろろと共に食べるとまた格別。
するるるるー。


「炊き込みご飯」(¥100)
2017.2.11 入野家

思いの外、
量が多い。
薄味でゴボウやシメジ、
油揚げの味をじっくり堪能できた。
よく考えられてるなあ。




2017.2.11 入野家

蕎麦湯でホンワカしてると続々と店内にだるまの入った袋を手にしたお客さんが入ってきた。
ちょうどお昼時。
そしてだるま市の開催日だものね。
最後にクイッと温まってお店を後にした。





.
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/04/13

伊那市 『とんかつ しらかば』






住所 : 伊那市中央区中央通り4515-3
営業時間 : 11時30分~14時、17時~24時       
定休日 : 火曜日
電話番号 : 0265-72-4706

とんかつ しらかば(Facebook)





2017.4.11 しらかば

Facebookでこの投稿を見て居ても立っても居られなかった。
早速電話でテイクアウトのお願いをし、
仕事終わりに受け取りに伺った。
久しぶりにひでさんとりんちゃんのお顔が見れて良かった。



「ソースかつ丼」
2017.4.11 しらかば

ぬおおお。
良き厚さ、
良き香りのするソレ。
かつの下に敷かれたキャベツの千切りが熱に因ってしんなり、
ご飯はソースが滲みてはんなり。
クドくないソースがグググンっと食べるペースを上げさせる。
メインの豚さんのお肉は脂部が絶妙なバランスで付き、
お肉自体の味を十二分に堪能できるもの。
少し冷めても美味しいソースかつ丼だった。


2017.4.11 しらかば

ソースかつ丼だけじゃ口さみしいだろうと奥さまーが茹で野菜と共にじゃこおろしを出してくれた。
どこまでもイケそう。


2017.4.11 しらかば

併せてキュウリの梅くらげ和えも登場。
うめえ。



2017.4.11 しらかば

ドタバタしていてなかなか伺うことができていない。
今度お休みの日にでもゆっくり伺いたいなあ。
メニューのラインナップも大幅に変わったそうなんで色々と試してみたいと思ったぞ?




■「しらかば」(ブログ内検索)





.
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/04/02

長野県 松本市 『小木曽製粉所 筑摩店』






住所:長野県松本市筑摩2-19-9
電話:0263-50-6616
営業時間:11時~21時
定休日:なし

小木曽製粉所(HP)




所用があり松本へ向かった。
お昼ごはん抜きだったのでお腹ペコリン。
気兼ねなく入れるここにしようそうしよう。



2017.2.3 小木曽製粉所

日によって違うみたい。


「大ざる」(税別¥500)+「かき揚げ」(税別¥200)、「なす天」(税別¥100)
2017.2.3 小木曽製粉所

大盛りでも料金が変わらないとなれば当然大盛りにしちゃうでしょう。
毎度後々反省することになるんだけど。

2017.2.3 小木曽製粉所

これが「常陸秋そば」かあ。
蕎麦通ではないので当然細かい違いなんぞはわからないけど、
蕎麦の風味がバチッと立ったコシ、
喉越しの良いもの。
蕎麦欲が満たされる。

2017.2.3 小木曽製粉所

なす天は至って普通のソレだったけど、
かき揚げはお野菜てんこ盛りだったし、
衣も軽く大変良かった。



『からあげセンター』じゃなくて『小木曽製粉所』を伊那谷に、
伊那に、
なんならナイスロード沿いに出店して欲しいと強く願っております。




■「小木曽製粉所」(ブログ内検索)




.
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(松本市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/09

上伊那郡 飯島町 『飯島食堂』






住所:長野県上伊那郡飯島町飯島南仲町1177−21
電話:0265-86-2073
営業時間:?
定休日:?




2016.12.3 飯島食堂

飯島駅前にあるお店。
その名前から伊那市は入舟にあった、
かの有名な『中華料理 飯島(通称:飯島食堂)』と間違えられる。
悲しい。
ワシは幼い頃から馴染みのあるお店なので『飯島食堂』と言ったらこの飯島駅前にあるココだもの。



2016.12.3 飯島食堂

13時チョイ前に入店すると、
店内はほぼ満席。
小上がり席もあって家族団欒な光景を目にすることができる。


頼むものは決まっていたのでパパっとオーダー。


2016.12.3 飯島食堂

窓の外には飯島駅駅舎が。



「かつ丼」(¥950)
2016.12.3 飯島食堂

ソーステイストの煮かつ丼。
どこのお店にもあるわけではない不思議な組み合わせ。
香るソース、
良いね。

2016.12.3 飯島食堂

ちょうどよい厚さのお肉。
衣はシットリ部あり、
サックリ部ありのハイブリッド。
程よい甘さの味付けでご飯が進む。
たまに食べると美味しく感じる系。
毎度はちょっと・・・。



「豚汁定食」(¥800)
2016.12.3 飯島食堂

奥さまーが注文した品。
以前から気になっていたんだけど、
こういうことか。
豚汁が入った丼が大き過ぎる。
ご飯も丼にしっかり目。
恐ろしや。



かなりの満腹感。
いやあ、
満足。
メニューを見ると全体的にちょっぴ高いかなあと思うけど、
出てきたものを見ると納得。
ご飯も美味しいし、
町の定食屋感を味わうのにもってこい。
と言っても年に1回くらいしか訪問しないけどー。



2016.12.3 飯島食堂

思いの外、
長いこと営業されておりまする。


2016.12.3 飯島食堂

2016.12.3 飯島食堂

2016.12.3 飯島食堂

2016.12.3 飯島食堂
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(飯島町) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/04

長野県 飯田市 『得得 飯田桐林店』







住所:長野県飯田市桐林1737-1
電話:0265-26-7455
営業時間:11時~15時、17時~21時
定休日:火曜日

得得(HP)




所用があり飯田へ向かった。
参ったな困ったな。
お腹空いた。
飯田市の中心地から離れ始めたのでお店が少ない。
13時過ぎ、
ちょうどお店の前を通りかかったのでブインと駐車場へハンドルを切って入店。



2016.12.3 得得

近所の方と思しきお兄さんらがポツンポツンと食事をしていた。
すごくゆっくりとした時間が流れる店内だこと。
お店の中の人達は皆女性。
百戦錬磨のお姉さま。
合間合間に時折軽口を叩いてる感じが何だか心地よい。



「カレーライスセット」(¥820)
2016.12.3 得得

5分も掛からずやってきた。
結構なボリュウムだな。

2016.12.3 得得

スパイスの香りが猛烈に香る。
ジャワ風カレーとのこと。
ボッテリと濃度の高いルウは香り同様スパイシーで辛味充分。
ただ、
ただしょっぱい。
ボッテリさと相まって飽きも早かった。


2016.12.3 得得

うどんを啜って改めて思い出す得得独特のコシゼロのソレ。
消化には良さそう。
あー、
だからお兄様のお客さんが多いのかー。
得々チョイス、
納得。



することがなく手すきのお姉さま方は客席の方を見ながら談笑。
たまに目が合う。
見られてる感満載でとても食べづらかった。
まあ、
向こうは何も気にしてないんだろうけど。



お店を出てから3時間くらいお口の中がカレーだった。
ナマステ。
あ、
ジャワ風だからスラマットシアンだね。
ググったよ?




.
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(飯田市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/02/12

長野県 岡谷市 『蕎麦屋 みのり』






住所:長野県岡谷市 田中町1-4−5
電話:0266-55-5111
営業時間:11時~14時、17時30分~21時30分
定休日:水曜日、毎月最終木曜日

蕎麦屋 みのり(HP)




国際電網で予約した新幹線の切符の発券をしに岡谷駅へ行った。
折角出てきたんだもの、
お昼ごはんを食べて行くことにした。



2016.11.20 みのり

以前から気になっていたお蕎麦屋さん。
しかしお店の場所が分からなく幾度となく諦めた。
今回は奥さまーも一緒だったのでGoogle Mapsを確認しながら何とか辿り着いた。
そう、
雰囲気のある場所にお店はあった。
県道185号線、
通称「田中線」から行くと分かりづらい。
お店のHPを見ると「岡谷駅を出て線路沿いに下諏訪方面へ丸山橋信号直進、田中町踏切を渡ってすぐ左、所要時間約10分です。」と記載されていた。
あー、
そっちルートの方が分かりやすいわー。


2016.11.20 みのり

最も気になっていたのがコレ。
問屋の文字を出されると、
ねえ?



店内はほぼ満席。
窓際のテーブル席に通された。



2016.11.20 みのり

2016.11.20 みのり

2016.11.20 みのり

2016.11.20 みのり

お蕎麦は色んな食べ方があるみたい。
ご飯物も種類豊富。

2016.11.20 みのり

魅惑のセットメニュー。
ダメだ、
気持ちが揺らぐ。

2016.11.20 みのり

居酒屋的ラインナップもある。
マジ困る。
だけど意を決して以前から心に決めていた品を注文した。



2016.11.20 みのり

猫まんまか、
美味しそうだニャー。
猫にはもったいない。

2016.11.20 みのり

あ、
卓上に置いてあった。
少し手のひらに出して舐めてみた。
なるほどなるほど。
ちょっとだけなのに鰹節の主張が強い。
香りも良いし、
これは期待できる。

2016.11.20 みのり

なんてことをしていたら間もなくお蕎麦がやってくるであろう事をお知らせするセットが出された。



「みのりもり(もりそば3枚分)」(¥900)
2016.11.20 みのり

大きな容器内で待機するお蕎麦。
自家製麺とのこと。
均等に切られているところを見ると機械で打たれたお蕎麦っぽい。

2016.11.20 みのり

二八かな?
喉越し良く、
噛むと蕎麦がふんわりと香る。
ワシは好き。
だってこんなに安くて美味しいお蕎麦が食べられるんだもの。
意外とあっさり3枚分を平らげた。



いやはや、
大変美味しゅうございました。
岡谷に来る時は上位候補に入れとこっと。


2016.11.20 みのり

ちょっと厄介なのは駐車スペースだなあ。




2016.11.20 みのり

2016.11.20 みのり

2016.11.20 みのり

2016.11.20 みのり

2016.11.20 みのり




.
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(岡谷市) | Comments(2) | Trackback(0)
2017/01/20

上伊那郡 箕輪町 『にこりこキッチン たべりこ』






住所:長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪大出3730−156
電話:0265-98-9101
営業時間:11時~15時(LO. 14:30)
定休日:火曜日

にこりこキッチン たべりこ(HP)




猛烈にお蕎麦が食べたくなって、
何となくコチラへ伺った。
お蕎麦食べ放題だし。



2016.11.3 たべりこ

2016.11.3 たべりこ

以前店内中央に置かれていたお惣菜群は入り口近くのスペースに移動していた。
気のせいかもしれないけど前よりも・・・。


2016.11.3 たべりこ

野菜は新鮮なものを使ってる感じがした。
但し、
ハンバーグやとんかつは冷凍食品ではないかと思ったりさせるジャンキーテイストだった。


2016.11.3 たべりこ

食べ放題のお蕎麦。
ちゃんと手打ちでコシがあって良い。
赤そばを使ってるらしいんだけどどういうのが赤そばの味なのか分からないし、
違いがわからない。
美味しいんだけど如何せん1枚の量が少ない。
1人1枚ずつしか頼めないから塩梅悪いし効率悪い。
まあ4枚も食べれば満足なんだけどね。


2016.11.3 たべりこ

冷ケースの上段にはとろろ・ポテサラ・マリネが陣取り、
その下にはデザート群。
可もなく不可もなく。




開店と同時に入ったので直ぐに席に案内してもらえたけど、
食べ終えてお会計を済ませる頃には満員御礼、
待っている人数もたーくさん。
人気なの。




■「にこりこキッチン たべりこ」(ブログ内検索)




.
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(箕輪町) | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »