fc2ブログ
2022/01/18

鶴屋で。






2022.1.14 夕ごはん

奥さまーが『TSURUYA』で購入した鰹。
このスーパーマーケットの鮮魚はあんましな印象だったけどこの鰹は臭みがなく美味しかった。

2022.1.14 夕ごはん

たたきもなかなかどうして。
解凍品だろうけどドリップが少なくて大変良かった。


2022.1.14 夕ごはん

コチラも『TSURUYA』で。
半分にカットしたアボカドの上にクリームソースで和えられたエビちゃんがゴロゴロ。
更にチーズを載せて焼き上げた品。
スプーンで掬うとアボカド・クリエビ・チーズの層ができてオシャンティ。
味も良し。
大胆な商品ですな。


2022.1.14 夕ごはん

リコピンを摂取して肝臓鍛える。


2022.1.14 夕ごはん

大好物ななすの浅漬。
練りからしたっぷりで。


2022.1.14 夕ごはん

『TSURUYA』のパンコーナーの隅っこに鎮座する「エビカツバーガー」が秀逸。
あればついつい購入してしまう。
夕方に半額になっていたとのこと。
その時間に行ったことがなかったから知らなんだ。
そうか。
半額か。


2022.1.14 夕ごはん

はちみつがサンドされたパンも購入してきてくれた。
甘い。
良い甘さ。
このはちみつ、
懐かしい味がした。
なんだったんだろう?





.
スポンサーサイト



おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/17

南が凶。






2022.1.13 夕ごはん

ツヤピカなお団子。
なんじゃろか。
食感はモチッモチ。
蓮根と挽き肉を混ぜ合わせたそうな。
時折角切られた蓮根が存在していたりして好食感。
餡の具合も優しく、
得も言えぬ美味しい品であった。


2022.1.13 夕ごはん

ちくわの穴にソーセージを入れて焼き、
それを生のピーマンに乗せてどうぞ、
という品。
ちくわのムッチリとした食感、
ソーセージの肉汁を生のピーマンがほろ苦く且つ遠くで甘さを出しながら包む。
なるほど、
コレが噂の生ピーマン合わせか。


2022.1.13 夕ごはん

元旦にお寺さんからいただいた銀杏も出してくれた。
ピスタチオ同様、
殻をパキパキしながら身を取り出す作業、
嫌いじゃない寧ろ好き。


2022.1.13 夕ごはん

歳下のお友達・ありんさちゃん宅で採れた長ねぎをお裾分けしてもらったので豆腐ときのこ類と共に鍋にしてくれた。
ねぎ甘い。
甘いねぎ。
トロロロよ。
この日はお昼頃から強い風にのって雪が舞い出し、
夕方には吹雪始め、
積もり始めたので会社の構内を雪かきをして身体は芯からキン冷え。
助かりました。
ありがとうございました。



今季も雪かきをせずに済みますようにとうんとお願いしたのになあ。
神様も仏様もいじわる。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/16

塩贈ろ。






2022.1.12 夕ごはん

とーちゃんの趣味友達から毎年贈られてくる豚肉の味噌漬け。
漏れなく我が家にもお裾分けされる。
大好きに豚さんのお肉だけどワシの食指は全く動かず。
なんしろ塩辛いから。
味噌漬けとは言え賞味期限はあるしで奥さまーが重い腰を上げた。
やっぱし今年もしょっぱい。
鬼しょっぱい。
レタスと共にいただいたけどしょっぱい。
あまりのしょっぱさに食中に水をがぶ飲みする事象発生。
こいつは危険だ。


2022.1.12 夕ごはん

お口直しに大好きな山千を楽しむ。
梅の酸味が心地良い。
だがしかし、
先程の味噌漬けで舌がヤラれて完食できず。
申し訳ないです。


2022.1.12 夕ごはん

奥さまーが「コレもしょっぱいかも・・・」と言って出してくれたのが和え麺。
グワシグワシと混ぜ混ぜし、
お酢をクルクルっと2回し。
言うほどしょっぱくなく、
寧ろ食べやすい塩加減。

2022.1.12 夕ごはん

玉子がそうさせてくれたのかもしれない。



我が家ではサーモスのタンブラーで温玉をこさえるのだけど、
ワシが作ると白身が固まらず失敗するのに対し、
奥さまーは上手にこさえる。
やってる手順&温度は同じなのに何故なんだぜ?




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/15

多皿嬉々。






2022.1.11 夕ごはん

3連休明け、
お風呂から上がってくると小菜4品が並んでいた。
まずはマカロニダーサラ。
固めに茹で上げられたマカロニは薄っすらとマヨネーズを纏い、
またいただき物の明宝ハムが刻まれナイスな塩梅。
かいわれD根がアクセントとなってスンバラC。


2022.1.11 夕ごはん

小菜その2は細切られた人参に明太子。
ふんわりとバターの香りが漂い、
人参の甘さと明太子の塩気で箸が止まらない。
めちゃんこ美味しい。


2022.1.11 夕ごはん

小菜その3。
かーちゃんがこさえた白菜なキムチが結構な量やってきた。
消費すべく豚さんのお肉で巻き巻きして焼き、
甘辛いタレで調味してくれた。
白菜の食感が良く、
肉感もしっかりと感じナイスな発展を遂げた。


2022.1.11 夕ごはん

高野豆腐の玉子とじが小菜その4。
誰もが知るあの味で安心。
ホッとするわね。


2022.1.11 夕ごはん

メインでイイのかしら?
鶏もも肉のすき煮。
鶏の美味しいのが出まくりしらたきも長ねぎも大振りしめじも見事な仕上がり。
玉子にくぐらせたい気持ちを抑え、
じっくりと向き合った。



たまに小菜まつりがやってくるんだけどなにか良いことでもあったのかしら?




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/14

コロッと豚たま。






2022.1.10 夕ごはん

お休みの日は早くに晩酌。
『Valor』の「野菜コロッケ」は税込¥22。
とてもお安く、
早目の時間に売りくれることもある。
お昼前に行き、
3個入りをゲット。
「けむらん亭」で衣がカリッカリになるまで焼き上げたので軽い口当たり。
コーンが良いぞ。


2022.1.10 夕ごはん

『セブンイレブン』の「豚玉&焼そば」(税込¥464)。
男子が好みそうなラインナップについつい手が伸びてしまった。
豚バラがしっかりと入っており、
キャベツもしっかりと入っておりボリュウミイ。
下の焼きそばは具なしそばのみ。
豚さんのお肉もキャベツもお好み焼きに入っているから無問題。



前夜深酒をしてしまったので早々にくたばった。
死期を感じざるを得ない。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/13

牧へ放つ。






2022.1.8 夕ごはん

とってもお肉が食べたくて。
牛さんのお肉が食べたくて。
塊肉が食べたくて。
『ベルシャイン 伊那店』の精肉コーナーにウルグアイ産の放牧牛のサーロイン厚切りステーキがお安く並んでいたので思い切って2枚確保。
まつりな予感。


2022.1.8 夕ごはん

分厚すぎてフライパンから取り出すタイミングが分からないだろうなあと思っていたら珍しく奥さまーが自画自賛するほどの仕上がりになり歓喜。
豪快に厚くカットしてくれダダ漏れる肉汁。
各々フォーク&ナイフで食すスタイルでも良かったんだけどコレで良いんだコレが良いんだ。


2022.1.8 夕ごはん

お肉を喰らい、
お口直しにごま油の風味が広がるダーサラ。
酸味も効いていて実に良い。


2022.1.8 夕ごはん

勢い余って冷凍な肉まんをホットサンドメーカーで焼き上げた。
脳内口腔内お花畑。



2022.1.8 夕ごはん

市販のステーキソースで、
いただきものの『いきなりステーキ』のガーリックペーストで、
「マキシマム」で、
岩塩でと味変しながらしっかりと胃に収めた。
モウお腹いっぺえ。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/12

タソメソ。






2022.1.7 夕ごはん

年明けに2日間お仕事をしての3連休。
芯から冷えるので鍋ろう。
『寿がきや』の「岐阜タンメン監修塩タンメン鍋つゆ」で勝負。
ほんのりとニンニクが効いており、
塩ベースなスープが白菜・キャベツ・モヤシによく合う。
想像以上に良い鍋つゆ。


2022.1.7 夕ごはん

元日に解凍した塩うにをやっとこさ開封。
塩分強め。
濃厚なうにがダイレクトに脳と舌を刺激。
蒲鉾にちょっとずつ添えていただいた。



お鍋は温まるしお野菜もたくさん摂れるから身体喜ぶ。
変わり種の鍋つゆに出会えますように。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/11

しむしみ。






2022.1.6 夕ごはん

いただき物の明宝ハムとセロリを炒め合わせた品。
香り鮮烈なセロリはしんなりとした部分もあって繊維を気にすることなく食べやすい。
明宝ハムのしっとりとした食味が実によく合う。
ビールでお迎え嬉しいな。


2022.1.6 夕ごはん

コチラもいただき物の土浦産のれんこんできんぴら。
めちゃんこ好き。
Best5に入るよ、
きんぴられんこん。
特に奥さまーのこさえてくれたのがマジLove。
カットする薄さと味付けと。


2022.1.6 夕ごはん

ピーマンの揚げ浸し。
好物が続く。
揚げられることで甘みが増したピーマンが生きる。
ワシも生きる。


2022.1.6 夕ごはん

これは来ましたね。
焼きな肉豆腐。
煮込まれて岩のような出で立ちに変化した焼き豆腐、
しっかりと味を含み豆の味も損なわない力強さがある。
豚さんのお肉・しめじ・玉ねぎもしっかりとスクラムを組み、
ゴイゴイに押してくる。
ワシの脳にトライ。



2022.1.6 犬

ここ数年、
喉の具合が良くないお犬様の為にこの冬から石油ストーブを導入した。
多少は効果があると良いんだけども。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/10

平常運転。






2022.1.5 夕ごはん

年末にどこぞ屋のスーパーマーケットで見切り品となっていた「鶏なんこつ入りつくね」、
賞味期限を3日ほど過ぎていたけど無問題。
新たに仲間入りした大型のホットサンドメーカーに入れ、
更に元日に低温調理器「BONIQ」で調理し、
余った鶏もも肉を入れ、
更に更に長ネギを入れ蒸し焼きに。
つくねは想像以上に軟骨が入っており食感よろし。
お肉の質感は丸大ハンバーグ的でチープさが滲みる。

2022.1.5 夕ごはん

塩梅よく仕上がった長ネギ。
中トロトロ。
やはり鶏肉にはネギ。
間違いなし。


2022.1.5 夕ごはん

見切り品大好き。
お安くなっていたマグロのすき身に『マルイ』の「味付あらぎりわさび」を混ぜ、
とろろには塩昆布を混ぜ合わせ、
混ぜ合わせ混ぜ合わせ。
年末年始休暇最終日だというのについつい飲みすぎてしまうナイスな品へと成長し、
翌朝涙した。



やはり連休は3日くらいがちょうど良い。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/09

すりすり。






2022.1.2 すり初め

我が家では、
いや我が地域では毎年1月2日はとろろを食べると決まっている。
そう、
二日とろろ
決まっているかどうかは知らないけど。
代々伝わっている技法によりすり下ろした山芋に空気を含ませた。
フワッフワ仕上げ。


2022.1.2 すり初め

なんの謂れがあるのかは知らないけれど焼き魚も一緒に食べる習わし。
紅鮭が基本みたい。
知らないけど。


2022.1.2 すり初め

ふた口分ほどのご飯を盛り、
たっぷりのとろろを掛け豪快に啜る。
今年こそ良い年になりますようにと強く願いながら。




.
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/08

全速。






2021年元日。
奥さまー謹製のお雑煮をいただき、
お寺さんへ新年の挨拶をしに出向き、
近隣に住む親戚宅へ新年の挨拶をしに出向き、
お宮へ移動し近隣に住む同姓の皆様と共にお参り。
お昼前に元日の公式行事は終了。
さあ飲むど。



2022.1.1 昼飲み

以前購入してあった冷凍の塩うにを解凍。
結局この日食すことはなかった。


2022.1.1 昼飲み

お寺さんからいただいた銀杏を奥さまーが早速お塩と共に炒ってくれた。
境内に落ちた銀杏を拾い、
キレイに洗って干す。
手間隙かかった品だけあって味はもちろん、
翡翠色の実の美しいこと。
臭いは美味しい。


2022.1.1 昼飲み

申し合わせの上、
今年はお節的料理はこさえなかったので好物の黒豆だけドラッグストアで購入した。
丹波の黒豆。
鬼甘い。
甘いは美味しい。


2022.1.1 昼飲み

奥さまーが昨年末に用意しておいてくれた山千、
満を持して登場。
好アテ。



2022.1.1 昼飲み

ダラダラと飲み、
夕方前に小1時間かけて入浴。
しっかりと汗をかき、
乾いた喉をビールで潤す。
お寺さんからの帰りに『セブンイレブン』で購入した「金の海老チリソース」を湯煎し開封。
エビブリプリ。
ただソースが思っていたより好みではなく食べごたえだけで飲んだ。

2022.1.1 昼飲み

低温調理器「BONIQ」で火を通した鶏もも肉は海南鶏飯のソースでいただいた。
コチラもプリブリ。
今年も「BONIQ」にはお世話になりそう。



お昼から飲んだこともあり21時に就寝。
家では全く夜ふかしができない身体になってしまった。




.
なんでもかんでも | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/07

暮れのご褒美。






2021.12.31 お年取り

2021年12月31日、
大晦日。
今年のお年取りも『錦之助寿司』さんにお願いしてお年取りの料理をお願いした。
昨年に引き続きチチカカは来ず、
2021年の大晦日も奥さまーと2人で過ごした。


2021.12.31 お年取り

2021.12.31 お年取り

年に1度のトロまつり。
マグロの味が濃く、
堪能している間に脂がスッと溶けてなくなった。
素晴らC。

2021.12.31 お年取り

カニを食べたいと言っていた奥さまーの声が大将に届いたのであろう。
本物の味。
相変わらずエビちゃんもヤヴァい。
トロ甘。

2021.12.31 お年取り

元気いっぱいなイクラの醤油漬け。
弾ける旨さ。
好物の数の子が隣り合わせ。
塩梅絶妙、
プロの味。

2021.12.31 お年取り

レア状にボイルされたホタテはブリブリで甘さ際立つ。
ヒモも美味。



2021.12.31 お年取り

握りもあるよ。

2021.12.31 お年取り

これぞお寿司屋さんの握り。
ネタの良さはもちろんのこと、
シャリの美味しさよ。
お口の中でホロリと崩れる。

2021.12.31 お年取り

香り高き焼き海苔で巻かれたマグロのすき身。
日本酒と併せ幸福度を高めた。



贅沢なお年取り。
毎年美味しい鮮魚たちを堪能させていただきありがとうございます。
テンションが上がりきったところでお開き。
21時には床に就き、
翌元旦に備えた。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/06

華やかに。






2021.12.28 夕ごはん

山千に寄り添うようにめかぶ、
天にはたたき梅。
グリグリンとしっかりと混ぜ混ぜ。
甘みのある梅がちょうど良い。
塩気もあるしこれさえあればエンドレス。


2021.12.28 夕ごはん

小松菜とお揚げさんとしめじの含め煮。
各具材がお出汁をキッチリ吸ってお口の中で爆発。
じんわりとした優しさが胃に収まった。


2021.12.28 夕ごはん

エリンギとベーコンのバター炒め。
ベーコンの脂とバターがエリンギに乗り移る。
バゲットに載せて食べても良いね。
パスタとかも良いね。
美味しいね。


2021.12.28 夕ごはん

ここここれは。
酢鶏が来ましたよ。
この日は鶏もも肉を揚げてくれたのでコクが増す増すコクが増す。
ピーマン・人参・玉ねぎもコクを纏ってさあ大変。
いつもと酸味が違うような気がした。
スッキリとして、
でもトマトの美味しいところを感じた。



エンジン掛けますブロロロロン。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/05

作家ですか。






2021.12.27 夕ごはん

奥さまーがとあるスーパーマーケットで購入してきてくれたこんにゃくと鰹節で煮物をこさえてくれた。
このこんにゃくがとても柔らかくこんにゃく芋の味がしっかりして大変美味しかった。
聞けば松川町で作られた手作りこんにゃくとのこと。
このこんにゃくは是非ともまた食べたい。


2021.12.27 夕ごはん

豆もやしはナムルに。
火の通し方が素晴らしく、
シャキシャキでまめまめ。
よく咀嚼して味わう。


2021.12.27 夕ごはん

お、
汁物ですかい。
絹ごし豆腐に椎茸・しめじ・エリンギのキノコ3種。
汁物だと思ったらトロリと餡状になっていた。
滲みます、
滲み入ります。


2021.12.27 夕ごはん

コレは絶対に生姜焼き。
ワシの好きな豚さんの細切れ肉な生姜焼き。
お肉はもちろんのこと玉ねぎたっぷり生姜たっぷり。
しかと気を持って挑まないとついつい食べ急いでしまう危険な品。
スコーピオンなタバスコを2滴ほど垂らし込めばより危険度が増す。
キャベ千も必須。
食の構成をよく分かってらっしゃる。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/04

ボカーン。





2021.12.26 夕ごはん

やいやい、
冷えますね。
クリスマスの翌日の日曜日は日中晴れるも気温が上がらず。
こんなしばれる日は早風呂&早晩酌にすっぺ。
うんと前に見た目だけで購入してしまった「日清爆裂辛麺 韓国風 極太大盛激辛焼そば」。
思いっきり賞味期限が過ぎていた。
こりゃいかん、
と豚さんのお肉ともやしで石焼き鍋を用いて調理。
麺を茹で、
具材を入れ更に煮て、
粉状のソースを投じて更に煮詰める。
できあがる頃には麺はクッタクタになってしまい心も萎えた。
味は普通。
辛(から)さも普通。
萎え萎え。


2021.12.26 夕ごはん

『Valor』の「牛肉コロッケ」。
1個¥70ほどながらしっかりと牛挽き肉が入っていて大変素晴らしい。
ソースを掛けつまみ、
キャベ千をつまみのループでしっかり酔った。



やはり身体を湯船に沈め、
しっかりじっくりと温めるって大事。
なんしろ寒すぎるんだもの。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/03

もつとくり。






2021.12.25 夕ごはん

サンタクロースは居ないと知った辺りからクリスマスとは無縁だ。
テレビもインターネットもスーパーマーケットもクリスマスモード。
少しはらしい気分でも味わおう。
「ベルキューブ チーズ好きのためのセレクト」でスタート。
早速ワイソを欲してしまった。


2021.12.25 夕ごはん

我が家のクリスマスディナーはモツ鍋にした。
お友達から箱でいただいた「辛辛魚らーめん 辛辛MAXバージョンⅡ」のスープを使用。
紅い鍋に紅いスープ、
白いネギにネギの青い部。
よし、
クリスマスだ。

2021.12.25 夕ごはん

グッツグツと火を入れ、
仕上げに特製辛魚粉を盛り、
完成。

2021.12.25 夕ごはん

そのまま食べるより辛(から)さは控えめに仕上がったけど、
辛(から)いっちゃあ辛(から)い。
追いキャベツをし、
しっかり喰らった。
もちろん残った乾麺も投じ、
しかと堪能した。


2021.12.25 夕ごはん

ケーキなんてものはない。
久しぶりに『TSURUYA』へ行ったらパンコーナーに「メープルと木の実のタルト」なる品が置かれていた。
これだよ、
これにしよう。
バターがたっぷり効いた生地に甘々なメープルとクルミ。
木の実とはクルミであった。
甘いのにはドライな飲み物が良いなあ。
シュワシュワしたのが良いなあ。
奥さまーが以前購入したスパークリングワイン詰め合わせセットからキリッとした1本を抜栓。
甘さに対抗する切れ味、
ヤラれました。



今回モツ鍋をするにあたり、
牛モツを購入しようと『TSURUYA 伊那福嶋店』に行ったけど精肉コーナーはクリスマス仕様になっていてどこにもない。
諦められないワシは『ベルシャイン 伊那店』へとハシゴした。
ありましたよありました。
小腸とギアラ2種、
しかもギアラは20%OFF。
興奮しすぎて多めに買いすぎちゃったよモツツ。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/02

『ほっともっと』






ほっともっと(HP)




「W大判カルビ重(肉2倍)」(税込¥890)
2021.12.24 ほっともっと

我が家のクリスマスイブな金曜日の夜は『ほっともっと』で。
年末年始休業へ向けて精神的にも体力的にも落ち始めてきたのでカルビでググンと。
しっかり目の味付けがされた牛カルビはセブンイレブンのアノお弁当を彷彿とさせ、
懐かしさを感じる。
名前通り大判なのでいささか食べづらい。
キッチンばさみでチョキチョキ。
万事OK。


「肉野菜炒め ライス小盛り」(税込¥470)
2021.12.24 ほっともっと

奥さまーチョイス。
バカにする人が多いけど我が家ではこの肉野菜炒めを推している。
本当に美味しい。
なんだろうな、
兎に角美味しいんだよ。


「ロースかつとじ おかずのみ」(税込¥390)
2021.12.24 ほっともっと

コチラは2人でシェア。
コチラも頻度高く購入している。
あんまし煮かつは好みではないけど無性に食べたくなるときが年に1度ほどある。
そこそこの厚みのあるお肉で食べごたえがあるし、
味付けもお酒のアテとしても申し分なし。
できることならかつは最後に玉子とじの上に載せてくれると嬉しいです。
お願いしたらやってくれるのかな?



2021.12.24 ほっともっと

日本のクリスマスと言ったらチキンです。
どこぞやのスーパーマーケットで購入してきてくれた唐揚げ。
普通が1番。



牛・豚・鶏、
三役揃い踏みなクリナイトでございました。




■「ほっともっと」(ブログ内検索)




.
テイクアウト | Comments(0) | Trackback(0)
2022/01/01

Restart。






2022.1.1 元旦

ここ数年、
元日は快晴続き。
ってなると放射冷却現象により冷え込みが強い。
奥さまーが前日から仕込んでくれたお雑煮で2022年のはじまりはじまり。


2022.1.1 元旦

朝ごはんを食べたら毎年恒例のお寺へ出向き、
おっ様へ新年のご挨拶をば。



2022.1.1 元旦

今年も目まぐるしく働くことが決まっている。
バターにならない程度にグルグルと。




.
なんでもかんでも | Comments(0) | Trackback(0)
2021/12/31

New Year's Eve。







2021.12.31 注連飾り

2021年大晦日。
まさかの積雪、
コレなんぞ。



この年末年始休暇はしっかりと寝ることとする。
寝ても寝ても寝たりない。
疲れが抜けないお年頃。
良いお年を。





.
なんでもかんでも | Comments(0) | Trackback(0)
2021/12/30

なめんなよ。






2021.12.23 夕ごはん

とろろのチーズ焼き。
火の入ったとろろはフワフワ。
その上にパキッと焼かれたチーズ。
美味しいもんだなあ。


2021.12.23 夕ごはん

しらたきをキムチと共に炒められた品。
キムチの酸味・食感・旨味がバチコンキマった。
チャプチェとも違うキリッとしたテイスト。


2021.12.23 夕ごはん

棒々鶏。
ゴマダレの塩梅が絶妙。
しっとり鶏むね肉とシャキシャキきゅうり、
コクとまろやかさ全開のゴマダレ。
黒日課ハイボールでウフフ。


2021.12.23 夕ごはん

艶子、
キラ子参上。
何かが豚さんのお肉で巻かれている。
甘辛(から)い餡と豚さんのお肉の相性の良さは異常。
フワッとした食感の何か、
もっちり厚揚げでござんした。
もちろん豚さんのお肉にも餡ともしかと合い、
じっくり堪能した。



気付いたら年末も年末。
お仕事でモヤモヤする事象があり、
解決せぬまま年越しだな。
年明けは早期解決目指してガツガツいく。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »