2017/06/23

勢いちょうだい。






6月は地区の作業日が多い。
草刈りに花植え、
そして市内一斉清掃日は空き缶拾い。
朝6時から空き缶拾いをして帰宅。
前夜お肉を食べたのに既に疲労がね?


2017.6.18 朝ごはん

破竹の混ぜご飯。
前日スーパーマーケットの産直コーナーで見つけた破竹をご飯にしてもらった。
あっさり目な味付けのお陰で破竹の蒼い香りと甘さが際立って感じることができた。
シャックリな食感もグッド。
あとね、
油揚げの万能さを改めて知った。
あんた、
すごいよ。


2017.6.18 朝ごはん

しめじこんもりお味噌汁。
いりこ・昆布に鰹節も加えたそうな。
縦横斜めと三位一体。
喧嘩するかと思ったけどものすごく美味しくなっちゃって。
バランスが良いんだなあ。
出汁マイスターの称号を与えたい。



週末はおとなしくしようと身体が訴えかけてきた。
君の意見は絶対。
わかった、
動かない。





.
スポンサーサイト
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/22

我ら肉焼き隊。






日中、
暑さに耐えて芝刈りをした。
体力消耗息絶え絶え。
身体が語りかけてきた。
「肉を下さい。」と。
任せろい。


2017.6.17 夕ごはん

岩谷産業社製『炉ばた大将』に登板をお願いした。
網ではなくスリットの入った鉄板。
これはそういう業者さんにお願いして作ってもらった。
これがかなり優れた子で溺愛しております。


2017.6.17 夕ごはん

お野菜たち。
よろしく頼んます。


2017.6.17 夕ごはん

火を入れ鉄板を熱す。
燃えろ燃えろ。


2017.6.17 夕ごはん

お肉はベルシャイン伊那店で安い外国産牛肉を購入。
荒々しく喰らおう。


2017.6.17 夕ごはん

余った瓶ビールを消費。
冷やしすぎたのか開栓直後に吹き出したわ。


2017.6.17 夕ごはん

ギアラもちょっぴ購入。
クニクニっとした食感を楽しむと漏れなく美味しい脂のジュースが出てくる。
飲み込み時が分からないのが難点。


2017.6.17 夕ごはん

鶏もも肉も少しだけ摂取。
塩コショウでシンプルに。
焼鳥欲も満たされます。



400gの牛肉は半分近く残った。
欲だけでは食べきれないお年頃。
残ったお肉は翌日に調理して美味しくいただいたでよー。




.




おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/21

めちゃ細。







奥さまーが保有するとあるショッピングサイトのポイントの有効期限が迫っていたそうで、
暑い夏に嬉しいアイテムを購入。
早速試してみた。



2017.6.17 お昼ごはん

奈良県にある『玉井製麺所』の「三輪素麺」。
純国産の材料で手間ひまかけて作っているそうな。
その甲斐あっての極細麺。
ツルッツルで喉越しがよく、
ついつい箸が進んでしまう。
遠くで感じる小麦の風味が心地よい。
これは良い麺。


2017.6.17 お昼ごはん

薬味は小口ネギとおろし生姜。
ド定番で攻め・・・。

2017.6.17 お昼ごはん

ずにコチラも投入。
.『老干媽(ローカンマ)』ブランドのラー油陣と『ユウキ食品』の「激辛ラー油」。
辛(から)さ爆発。
いつまでもお口の周りがヒリついた。



午前中に太陽がビシバシと注ぐ中今期3回目の芝刈りをし、
火照りまくった身体に摂り込む清涼剤。
この休日感が良いね。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/20

長野県 下伊那郡 高森町 『肉そば こまつ家』






住所:長野県下伊那郡高森町下市田513
電話:0265-53-5028
営業時間: 11時~14時、17時30分~21時
定休日:火曜日




飯田方面へお仕事しに行った。
ってなると高森町を通ることになる、
ってなると肉そばだよ。
約1ヶ月ぶりに伺った。



2017.6.2 こまつ家

入店したのが13時過ぎ。
困ったことにお客さんが誰もいない。
ノーゲス。
好きなお席へどうぞ、
とのことなんでテーブル席を使わせていただいた。



「温かい鶏そば 中(350g)」(¥750)+「磯辺揚げ!ちくわ天」(¥150)
2017.6.2 こまつ家

ワシしかいなかったので早くに登場。
相変わらず圧倒的なボリュウム。

2017.6.2 こまつ家

温かいつけ汁に大振りにカットされた鶏もも肉が3個。
見た目は良いけどお蕎麦と一緒に食べようとすると結構難儀。
もう少し小さくカットしていただけると食べやすいかと。
あとつけ汁に鶏感がほとんどなかったので鶏油なんぞを少し加えてみたらどうかと、
素人ながらに思った次第で。

2017.6.2 こまつ家

太く角張った蕎麦は冷水で締められグワシグワシと強いコシでこの日もお口の周りを大暴れ。
よく噛んで食べると香りが立って更に良い。
但し満腹中枢が刺激されて中盛でもお腹いっぱいになるよ?

2017.6.2 こまつ家

ちくわ天は¥150と良い値段がするなあと思ったけど、
青海苔ふんわり香る天ぷらは半分に切られたものでなくてちくわ1本丸ごと使っていた。
食べ応えあり。

2017.6.2 こまつ家

卓上には新たにラー油的な物が用意されていた。
中にはかなりの量のニンニク。
グリグリと混ぜるもニンニクがザクザクお目見えしちゃって、
まるで食べるラー油。
少しつけ汁に投入した。
ニンニクパンチがガツンと効いた。
辛味マシはほとんどなし。
底に沈んでいた唐辛子部を混ぜきれなかったのが原因と思われ。
次回確認しようそうしよう。


2017.6.2 こまつ家

蕎麦を食べ終わったら保温ジャーの中でトロみまくりの蕎麦湯が手ぐすね引いて待っている。
ジャー横に置かれた魚粉を少し入れると吉。
この日のランチをプレイバックしながらゆっくりといただいた。


そうこうしている内に1人、
また1人、
更に1組とお客さんが入ってきて7割方埋まっていた。
お昼時は3回転はしているな、
この感じは。



お会計を済ませて外に出ると心地よい風が吹いて蕎麦湯でポッポとした身体が落ち着いた。
満たされたお腹を抱えて山奥へ納品へ行ったさー。





こまつ家」(ブログ内検索)





.
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(高森町) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/19

カラっカラ。






2017.6.16 夕ごはん

スライスされた新玉ねぎ、
キュウリ、
レタス、
ツナ、
トマトなサラダ。
見た目もキレイだけど食べてると腸内もキレイ。


2017.6.16 夕ごはん

アボカドとお豆腐のディップ。
焼き海苔で巻き巻きしてパクっとやるとグイグイ進む。
軽い口当たりが良いね。


2017.6.16 夕ごはん

鶏もも肉のみぞれ煮がヤバイ。
鶏の脂美味い。
鶏の旨みを吸いまくったみぞれ部がヤバイ。


2017.6.16 夕ごはん

名古屋発祥の台湾な麺。
結構辛(から)かったところに花椒を追加した。
シビカラ、
(・∀・)イイネ!!



金曜日の夜は家で飲むのも良い。
翌土曜日には芝刈りをした。
雨が降らない日々が続いていたので地面の乾燥度合いが半端ない。
ひと雨欲しい。
そう思う今年の梅雨。





.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/18

代謝速度。






2017.6.15 夕ごはん

体調を崩したり、
うどん食べに行ったりで久しぶりの休肝日用鍋。
お豆腐てんこ盛り、
お野菜てんこ盛り。
襟足から滴り落ちる汗。
熱いけど気持ち良い。


2017.6.15 夕ごはん

卓上コンロの火を眺めるだけで燃える。
そして落ち着く。

お鍋の国の人だもの。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/17

乗換駅の今。






2017.6.11 岡谷駅

ワシが高校生の頃、
松本へ遊びに行くのに伊那市からJR東海の飯田線に乗って岡谷駅へ出て、
JR東日本の中央東線に乗り換えたものだった。
その頃は駅の直近の『ララオカヤ』内にある各お店をブラブラしながら時間を潰した。
今じゃ1階の限られたスペースだけ使われていて、
週末でも静か。


岡谷のお友達とララオカヤ内にある『レストランよしの』で昼飲みの口開けを楽しみにしていたのにまさかの貸切営業。

岡谷のこと、
嫌いになっちゃうぞ。





.
なんでもかんでも | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/16

あべこべ。






2017.6.14 夕ごはん

中華風餡とそばがテレコになった品。
久々に食べたいなあとお願いして作ってもらった。

2017.6.14 夕ごはん

こうすると麺のパリパリ食感が損なわれることなく最後まで楽しめる。
それにしても生きくらげの美味しさを知ってしまうと乾燥したものが陳腐に感じてしまう。


2017.6.14 夕ごはん

明太子を纏ったえのき茸。
バター風味で幸せの味。


2017.6.14 夕ごはん

キュウリとちくわの和え物。
ちくわの出汁的要素がキュウリに絡まりただただ美味しい。
間もなくモロキュウの季節が来るぞ。


2017.6.14 夕ごはん

毎夕食べることにしているトマトはマリネという技法を取り入れられ更に旨味成分の強いものとなった。
リコピンは良いぞ。




今度あの『梅蘭』の焼きそばを作ろう。
やはり料理は温度と食感も大事。
あと美味しくお酒を飲ませてくれることも。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/15

苦いは美味しい。






2017.6.13 夕ごはん

今シーズン初のゴーヤ。
ちょっと前からスーパーマーケットの野菜ゾーンに並び始めてたのを見てそろそろかな?って思ってたところ。
苦い野菜なんて、
と思っていた時期もあったけど、
今じゃクソ苦いのを好みます。
真夏にたくさんいただきたい。


2017.6.13 夕ごはん

オニスラとワカメのマヨ和え。
ブラックペッパーが肝。
文句なしに美味しい。


2017.6.13 夕ごはん

ピーマンの煮浸し。
こちらも緑。
苦味より甘みを全面に押し出したこの子はハイボールに良く合った。
イカす。


2017.6.13 夕ごはん

以前『角上魚類 諏訪店』で購入した冷凍の春巻き。
中はすり身。
パリッと食感でビールがよ?
グイグイとよ?



梅雨入り後、
割りと晴天の日が多くありがたい。
庭の雑草も伸びてないし。
でもね、
まだまだ序盤。
来週辺りからジメジメジトジトな日々がやって来るはず。
覚悟はできてる。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/14

かみってきた。






2017.6.10 上諏訪

岡谷のお友達2人と岡谷駅で落ち合い、
チョロっと飲んでから電車で上諏訪へ向かった。
晴れの天気予報だったのに曇天な上に強風が吹き荒れていた。
久しぶりに降り立った上諏訪駅は土曜日の夕方だと言うのに怖いくらい静か。
駅前にあった諏訪丸光の建物は取り壊され、
1階に『TSURUYA』が入るマンションの建設準備に入るため更地になっていた。


2017.6.10 上諏訪

諏訪丸光跡地そばの飲み屋街。
まだ時間が早かったのもあってやっているのかやっていないのか分からない店舗ばかり。
伊那の中溝通りみたいな雰囲気。


2017.6.10 上諏訪

酔っていたら入れそうだけどシラフじゃムリ。


2017.6.10 上諏訪

どこの飲み屋街にもある看板。
ビニールを被っているのはプロの仕業。


2017.6.10 上諏訪

『スナック&喫茶 ポケット』さん。
カンガルーのマークがかわいい。
カンガルーのお腹にある袋、
なるほど。


2017.6.10 上諏訪

「一番はどこじゃい!」とか無粋なツッコミはダメ。
伊那にも昔、
『長野県で二番目に旨いラーメン屋』なるお店があった。
今の『麺屋 竹』の場所ね。


2017.6.10 上諏訪

1階は店舗、
2階は住居的建物。
昭和な瓦が不独特な空間を生む。


2017.6.10 上諏訪

今は使われている様子のない階段。
怖い。



こういう味のある空間って長く残って欲しいけど人の気配がなさすぎるのもアレ。
どこの町の飲み屋街もこうなってしまっている。
近隣には若い人がやられているであろうオシャンティ風な居酒屋があった。
こういう人らに頑張ってもらいたい。


良き時間となったのでじっくり飲むために移動した。




.
おでかけ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/13

おたおめ記念。






この日はかーちゃんのお誕生日。
奥さまーと2人で主役抜きのお祝い。



2017.6.9 夕ごはん

ご近所さんからいただいた新たまねぎを載っけたサラダ。
ありがたいやら瑞々しくて美味しいやら。


2017.6.9 夕ごはん

厚揚げを甘辛く煮付けた品。
表面がトロっと仕上がって味の入りも抜群。
玉ねぎもまた良いんだよね。


2017.6.9 夕ごはん

かーちゃんから貰った手作りコンニャク。
唐辛子味噌と和えて好ツマミに。
手作りはザラッとした舌触りが良い。


2017.6.9 夕ごはん

ローストーなビーフー。
レアっぽいところがたまにあって色んな食感&テイストで楽しめた。
赤いお肉は強い。
美味い。


2017.6.9 夕ごはん

縮み上がるほど美味。
パリサクでモチッ。
タレは酢醤油 with コチュジャン。
嗚呼止まらない。



70目前となったかーちゃん。
いつまでも元気でいてもらいたいね。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/12

東洋水産 「マルちゃん うどんが主食 讃岐風うどん」






2017.6.9 うどんが主役

コンビニエンスストアのカップラーメンゾーンに現れた新商品。
買っちゃった。
「うどんが主食」というお店が監修した商品だとばかり思っていた。
違かった。
知ったのは購入した翌日の国際電網ニュース。
文春砲が炸裂し知り得た。
食べログの有名レビュアーだったのね。
そんな人物が監修した商品を早速いただいてみた。


2017.6.9 うどんが主役

後入れダクダク。

2017.6.9 うどんが主役

黄色いの、
キレイねえ。

2017.6.9 うどんが主役

熱湯を注ぎ5分。
後入れの特製スープを入れると鰹節の良い香りが充満した。
スープからいただいた。
やはり鰹がドーンと主張。
小エビの香ばしさがプラスされて更に美味しい。
食べ進めると昆布の風味もしてきた。
ゴクリと飲み込むと煮干しテイストがひょっこりお出まし。
このスープの素が欲しい。
何だこれは、
美味しいぞ。

2017.6.9 うどんが主役

「赤いきつね」と比べると太い麺。
これが食べ応えあり、
出汁に負けない勢いが感じられて良かった。



どうせ・・・、
と思っていたけど良い意味で裏切られた。
いやあ、
コレ良いわ。
もう1個買っとこっと。




.
カップラーメン・インスタントラーメン・冷凍食品 | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/11

伊那市 『丸亀製麺 伊那店』






住所:長野県伊那市山寺263-1
電話:0265-76-2988
営業時間:11時~22時
定休日:なし

丸亀製麺(HP)




国際電網ニュースで6月6・7・8日の3日間限定18時から”夜なきうどん”と銘打って「牛とろ玉うどん」(¥690)が半額になると知った。
一度食べてみたかった商品だし、
半額だしということで最終日に奥さまーにお願いして連れて行ってもらった。



2017.6.8 丸亀製麺

目当てはコイツ。

2017.6.8 丸亀製麺

牛とじ丼なる品もある。
2年近く来てなかったから知らんかった。

2017.6.8 丸亀製麺

親子丼もあるの?
特盛りなんてのもあるの?
2年近く来てなかったから知らんかった。

2017.6.8 丸亀製麺

「牛とろ玉うどん 大(冷)」をお願いするとうどん・出汁・とろろ・温泉たまごを入れた丼を渡され、
トッピングゾーンを抜けたところにIHコンロがあり、
そこで調理されたお肉ちゃんを受け取るというシステム。
2年近く来てなかったから知らんかった。



「牛とろ玉うどん 大(冷)」(¥790→¥390)
2017.6.8 丸亀製麺

ゴチャっとした見た目。
下からうどんを引っ張り出す。
あれ?
色が白くなく不思議な色。
コシはまあある。
小麦の香りはない。
ツルツルはしていた。
冷を頼んだのに温い。
甘辛い味付けが良いのか悪いのか良くわからない。
とろろも温泉たまごも汁に溶けちゃってアレ。
見た目同様ゴチャゴチャした味だった。

「海鮮かき揚げ」(¥190)
2017.6.8 丸亀製麺

どうして取ってしまったのだろう。
あまりの大きさに驚き、
食べてみておののいた。
下部は野菜かき揚げ、
上部はイカ・あさり(多分)・青海苔が入ったかき揚げ。
分かっていたことだけど重い。
胃に来る。



2017.6.8 丸亀製麺

18時30分頃行ったら、
駐車場は満車に近く、
店内もほぼ満席状態。
入口近くの席で食べた。
入ってくるお客さんの注文を聞いていたら9割5分方が「牛とろ玉うどん」を頼んでいた。
「かけうどん」を頼む老夫婦がいたくらい。
毎日これだけ盛ると良いんだろうけど、
現実はそうはいかない。


次は安パイな「明太釜玉うどん」にしよう。




.
蕎麦・うどん・食堂・レストラン(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/10

お久しぶり。






2017.6.7 夕ごはん

甘辛く炊かれた手羽元。
かぶりつきたいところだけど手が汚れるんでお箸で解体。
いとも簡単にほぐれる。
食べづらい部位だけどその分旨味の強さが半端ない。


2017.6.7 夕ごはん

オクラの煮浸し。
出汁との相性の良さたるや涙もの。


2017.6.7 夕ごはん

エビチリはあっさり目で。
エビの弾力がかなりありチリソースに負けていない。
ワシも負けない。


2017.6.7 夕ごはん

『セブン&アイ』の「盛岡冷麺」。
麺が伸びないのでコレが良きおつまみと化す。
キュウリをスープに浸してしばらく放置してから食べると食感が変わって楽しくいただける。
「盛岡冷麺」は常備しておきたいなあ。



毎年のことながら今年も梅雨入りとなった。
長雨になるのか、
はたまた空梅雨となるのか。
適度に降って、
適度に晴れて欲しい。
暑さは要らぬ。





.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/09

諸スタイル。






2017.6.6 夕ごはん

四角い粉モノ。
中からゴロゴロとタコちゃんが出てきた。
刻んだキャベツ&紅しょうがも搭載されており、
お口の中はたこ焼き。
やりおるなあ。


2017.6.6 夕ごはん

山かけでござい。
敢えてなのか、
間違えたのか大和芋をすりおろしたものが出てきた。
味は濃いわ箸で持ち上げてもボッテリとしてなかなか落ちてこない。
これ、
ツマミに最適じゃね?


2017.6.6 夕ごはん

豚さんのお肉を使った炒め物。
西友で国産のにんにくの芽が売られていたので思わず買ってしまった。
主張しすぎないニンニクの香りとガッシリとした歯応え、
とても良い。
対称的にクニンとしたエリンギが上手くバランスを取っていてこれまた良い。
あら良い。


2017.6.6 夕ごはん

焼き空豆まで出てきた。
興奮が止まらない。
アチチアチチしながらさやから取り出し、
アチチアチチしながら薄皮を剥いた。
ホックリ濃厚なお豆ちゃんはあっという間になくなった。



人に作ってもらうごはんほど有難く、
美味しいものはないね。
ホントそう。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/08

伊那市 『カモシカシードル醸造所』 「Brut -辛口(La 1ère saison)」






住所 : 長野県伊那市 横山 10955-14
電話 : 0265-73-0580

カモシカシードル(HP)




東京で『Indochinoise (アンドシノワーズ)』というサロンを開いている旧友Azuがゴールデンウィークに伊那に帰省し、
サロンで出しているシードルの仕入れとご挨拶を兼ねて伊那市は横山にある『カモシカシードル醸造所』さんを訪れたそうな。
その後町で飲んだ際にお土産でシードルをくれた。
ありがたいことです。



2017.6.3 カモシカシードル

La 1ère saison.
第1シーズン。
早い時期に収穫できるつがるがベースのシードルとのこと。

2017.6.3 カモシカシードル

辛口なのでアルコール度数も高め。
グヘヘ。

2017.6.3 カモシカシードル

酸味が強いかと思ったけどそうでもなく飲みやすい。
出しゃばり過ぎないりんご感が丁度良い。

2017.6.3 カモシカシードル

飲み始めは透明色だった。
ボトルの底近くになると濁ってきた。
この部分が濃くてとても良い。
好き。
1本で2度楽しめる素晴らしいシードルであった。



1本¥1,620とさほど高くなく、
朝シードルなんてのもできそう。
誰も許してはくれないと思うけど。
今度は第2、
第3シーズンも試したい。
甘口も3シーズンあるから大変だ。
忙しいわい。




.
おさけ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/07

こんなにも。






2017.6.5 夕ごはん

週末に法事があり、
その後の席で残ったあさりご飯を使っておつまみ的なのを作った。
スキレットの中心にあさりご飯を盛り、
その周りを刻んだ茹でキャベツとトウモロコシで囲んだ。
完全に野菜群の方の量が多い。
だっておつまみだもの。
あさりご飯の上にバターをひとかけ乗せて完成。

2017.6.5 夕ごはん

しゃかりきに混ぜ混ぜして、
再度火にかけ焼き色を付けた。
時折現れるあさりに幸せを覚え、
シャッキシャキのトウモロコシに涙し、
クッタリとした茹でキャベツで濡れた。

お陰でしっかりと飲んでしまったよ。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/06

断捨離。






プライベートな用事があり、
休みを取って松本へ出掛けた。



2017.6.5 夕方

夕方帰宅すると紫外線強めな陽射しとともに心地好い風が吹き、
今日あった嫌な事を少しだけ忘れることができた。


2017.6.5 夕方

裏庭も木漏れ日がビシバシと溢れ、
草木がキラキラとしていた。


2017.6.5 夕方

ツツジが落花したらバリカンで選定するだな。



私利私欲に走り、
人のふんどしで相撲を取って美味しい部位ばかり貪り食べていると直ぐにアレだぞ?
額に汗してコツコツと堅実に働くことが本当に大事なんだと改めて感じることができた一日であった。






.
なんでもかんでも | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/05

伊那市 『おおぎやラーメン 長野伊那店』






住所:長野県伊那市伊那部2135-3
電話:0265-73-0071
営業時間:11時~0時30分
定休日:なし



仕事で伊那にいた。
用も済んだので遅めのお昼ごはんを食べるぞ。



2017.3.7 おおぎや

13時をしっかりと回っていたので店内は閑散としていた。
でも謎の活気がある良いお店。



2017.3.7 おおぎや

黙ってスルーしたい。



「青森特産 焼干ラーメン」(¥680)
2017.3.7 おおぎや

数あるメニューの中でピンと来た品。
焼干と思われる香りがブワッと立つ鶏ガラベースと思しきスープ。
醤油は程良く、
脂の浮きも程良く。
ご飯にも合うスープだ。

2017.3.7 おおぎや

麺は『おおぎやラーメン』さんで言うところの細麺。
少し縮れており、
スープの絡みがよく問題なく美味しい麺。


「ランチ餃子(4個)」(¥120)
2017.3.7 おおぎや

お手頃価格で食べられる餃子はマストアイテム。
きっと大量生産・冷凍保存されたものだと思うけど美味しいんだよなあ。
テンホウも幸楽苑もそう。
ワシはテンホウの餃子が好きです。



2017.3.7 おおぎや

これは秋メニュー。
定番化されてんだな。



相変わらず気持ちの良い接客と雰囲気のあるお店。
働いている方々の仲の良さがそうさせるのかもしれない。
困ったときには『おおぎやラーメン』か『テンホウ』。
そう決めている。



■「おおぎやラーメン」(ブログ内検索)




.
ラーメン(伊那市) | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/04

からあげキューン。






2017.6.2 夕ごはん

チキンナゲット?
いえいえ、
からあげクンを模したものとのこと。
ワシは今までからあげクンを食べたことがない。
きっとこっちの手作りの物の方が美味しいだろう。


2017.6.2 夕ごはん

『カルディコーヒーファーム』で購入した「生ハム切り落とし」。
これ初めて買ったけど良いねえ。
塩加減も素敵。
お値段も素敵。


2017.6.2 夕ごはん

鯵の南蛮漬けウェーイ。
奥さまーの作る南蛮漬けは酸味が効いていてとっても好みである。
香味野菜もモリモリイケるし。


2017.6.2 夕ごはん

最後に登場したのは奥さまーお手製のPIZZA。
クリスピー好きなワシは歓喜。
大粒の涙も零れ落ちた。
だって男の子だもん、
何かが出ちゃう。



金曜日は特別感があって良いねえ。
毎日が金曜日の夜だったら良いのになあ。




.
おうちのごはん | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »